スコット・ピルグリム対世界。

スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団②
『スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団』(2010)
●観た理由●
クリス・エヴァンスが出演しているので。
題材に惹かれたから。
●豆知識●
主な登場人物たち。
スコット・ピルグリム…主人公。
カナダのトロントに住む22歳のアマチュア・バンドのベーシスト(無職)。
ラモーナ・フラワーズ…スコットの一目惚れの彼女。
【ラモーナの邪悪な元カレ軍団】
スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団③スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団④スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団⑤
①マシュー・パテル…最初の元カレ。ファイアボールの使い手。
②ルーカス・リー…2番目の元カレ。アクションスター。
③トッド・イングラム…3番目の元カレ。絶対菜食主義のサイキッカー。
スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団⑥スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団⑦スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団⑧
④ロキシー・リヒター…4番目の元カレ=元カノ。レズビアン。
⑤⑥カタヤナギ・ツインズ(カイル&ケン)…5~6番目の元カレ。双子のキーボーディスト。
⑦ギデオン・グレイヴズ…最後の元カレ。有名音楽プロデューサー。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
賑やかで騒々しい作品だった。
奇想天外なアクション・コメディという感じで、
よく引き合いに出されていた『キック・アス』のような痛快さやカタルシスはなかった。
でも、スコット・ピルグリム(マイケル・セラ)というキャラクターが確立されていたので、
退屈せずに観ることができた。
マイケル・セラは清潔感とナイーブな雰囲気があって、とても可愛らしかった。
この役にピッタリだったと思う。
ちなみに主人公の名字である“ピルグリム”には巡礼の意味もあるようなので、
スコットが元カレたちと順に闘っていく姿は正に巡礼の旅をすしているようだった。
まぁ、本人が意図して行っていた訳ではないけど。
マイケル・セラを固める男優陣がGOOD!
お目当てのクリス・エヴァンスはアクションスター、ルーカス・リー役。
GAYに人気がある設定になっていることにリアリティを感じて可笑しい。
いつもより髪と眉の色がダークなせいもあって、ワイルドに映っていた。
普段はトム・クルーズのようなオールアメリカン的なイメージがあるので。
劇中劇のルーカスはカッコよかったけど、キャラクター的には…微妙。
しかもアッという間の出演シーンで、去り方も…。苦笑
『スーパーマン リターンズ』以来となる、
久しぶりに観たブランドン・ラウス(トッド・イングラム役)はカッコよかった。
金髪になっていたので一瞬気づかなかったけど、あの瞳で彼だと判った。
密かにお目当てだったジェイソン・シュワルツマン(ギデオン・グレイヴズ役)は、
自分のことを大きく勘違いしているような青年をオタク風に演じていた。
スコットのバンド仲間であるスティーブン・スティルス役の
マーク・ウェバーの登場も嬉しかったり。
果ては“完全菜食主義者の警官”コンビとして、
トーマス・ジェーン&クリフトン・コリンズ・Jrまでがカメオ出演していたので驚いた。
ほかにはヒロインであるメアリー・エリザベス・ウィンステッド
(ラモーナ・フラワーズ役)がアリソン・ローマンに似ているなと思ったり。
エレン・ウォン(スコットのガールフレンド、ナイブス・チャウ役)が
元モーニング娘の加護亜依に見えて仕方がなかったり。
案外、出番も多くて見せ場もあって…最終的には“いい娘”だったな。
映像に関してはブライアン・リー・オマリーの原作コミック通り、
正にコミック調でスクリーンに擬音文字が表示されたり、
まるでTVゲームを見ているような感覚があった。
映画冒頭に流れる提供会社のユニバーサル映画の馴染みのある例の音楽も、
ゲーム音で表現するというこだわりぶりだったし。
作品自体に関してはところどころでクスクス笑えるといった感じで、
全体的には“普通”の印象だったかな。
監督であるエドガー・ライトの演出は、
良くも悪くも思いきり趣味に走ったという印象を受けなくもない。
どことなく初期の頃のケヴィン・スミス監督作のノリを思い出したかな。
僕的には前作の『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』の方が
完成度が高いと思うし、好みかな。
…とは言うものの決してキライではないし、この作品もカルト人気作となりそうな気がする。
●米国雑誌『GQ / AUGUST 2010』からのポートレイト●
スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団
スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団②
スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団③
スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団④
Michael Cera, Jason Schwartzman, and Chris Evans.
…ちょっとキワドイ画像だけど。笑
スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団⑨←インターナショナル版ポスター。
●満足度●
★★★☆

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1153-b9b18c7a
該当の記事は見つかりませんでした。