ダニエル・クレイグ。

思い出の映画を当時の記録そのままに。
英国男優ダニエル・クレイグの出演作たち。

『ザ・トレンチ 塹壕』(1999英)
【1916年ソンムの戦い──その序曲はあまりに哀しく鳴り響く】
ザ・トレンチ 塹壕
ひっそりと、大阪でも公開されていた。1916年夏、2日間で6万人の死傷者をだした、ソンムの戦い前夜48時間を描いた作品。精神的に、とても重たくて、一度見たら、もうそれで十分。二度と見たくはない。悪くはないけれど、生々しすぎて、しんどい。イギリス的で、舞台を観ている感覚がする。密室劇が、あまり得意じゃない僕にしたら、閉塞間があって、辛かった。塹壕が舞台なだけに、『誓い』を思い出させる。いい意味で、ラストなんて、そっくり。佳作『愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像』の時からチェックしていた、ダニエル・クレイグの軍曹役は、渋くて男らしく、かっこよかった。戦争は、多くの若者たちの犠牲によって、成り立つものなんだと、痛感する。あまりにも救いがなく、ブルー入りすぎるので、50点。

『トゥームレイダー』(2001米)
【世界の『謎』は私のモノ。】
トゥームレイダー
悲しいけれど、アメリカでの批評通り、アンジェリーナ・ジョリーが、かっこいいだけの作品だった。アンジー扮する、ララ・クロフト以外のキャラ設定や、話が薄っぺらすぎて、ハラハラドキドキ感もなく、単調に進んでいく。同じ、秘宝を巡る冒険物の『ハムナプトラ』シリーズとは、大違いの出来。一番印象に残ったのは、大好きな、ダニエル・クレイグの存在!今作の彼も、悲しげな表情かつ渋くて、男らしくかっこよかった。僕の中では、エド・ハリス系の男優だ。アンジーと実父、ジョン・ヴォイトの共演シーンも微笑ましく、見所のひとつ。執事の存在も、コミカルでよかっただけに、扱いが軽く残念。正に、TVゲームを見てる感覚で、続編も作るらしいので、もう少し、趣向を凝らしてもらいたい。斬新さがないし、期待外れの出来。予告で、見せ場流しすぎるのも、いかがなものか。65点。

『ホテル・スプレンディッド』(2000英)
【こわい愛 かわいい愛 あったかい愛】
ホテル・スプレンディッド
WOWOWで見た。劇場公開時、観ようか悩んで、結局見逃した作品。かなり独特で奇抜で個性的。ブラック溢れる一本。一歩間違えりゃ、苦手なピーター・グリーナウェイ監督の世界に入ってしまう。健康にこだわる人間のおかしな世界。出てくる人、ほとんど変。『ケロッグ博士』を彷彿させる内容だった。映像は、アートって感じで、時には恐怖感さえ漂わせる。ホテルの規則を乱す元副シェフ役のトニ・コレットは、独特な存在感が冴える。彼女の元恋人でチーフ・シェフ役のダニエル・クレイグは大好きな男優の一人。この映画を見る魅力の一つだ。今作も、ヌードあり。相変わらずの脱ぎっぷりの良さ。よっぽど、自分の体に自信があるんだろうなぁ(笑)。話は、このマトモな2人を中心に動いていく。このホテル、ほんと不気味だった。ホテルそのものが生きているよう…(意味深)。独創的なアイデアを生み出した監督兼脚本のテレンス・グロスの才能に驚かされる。小品だけど、なんか印象に残る映画だった。映画館で観ていたら、1300円払う価値あるかな。

▲ おまけ。
『永遠のアフリカ』(2000米)
【夢に見た憧れの大地には、想像を超えるドラマがあった。
アフリカの大地に抱かれながら、愛と信念に生きる女性の姿を描いた感動の実話。】
永遠のアフリカ
劇場未公開。ダニエル・クレイグが端役で出ているのでTVで見た。
実話の映画化だが、かなり端折ってる気がした。常に死と隣り合わせの女性の物語。
五つ星評価:★★
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

湛 says..."フェイントです♪"
Elijahさん こんにちは。
いつもならクリスチャン・ベイルに飛びつく所ですが、
何とダニエル・クレイグに来ました。
特にファンという訳ではありませんが、
実は彼、私が映画館まで足を運んだ唯一の007です。
彼が新しいボンドに決まったと知った時「なんで?」と正直思いました。
それまで『モル・フランダース』や『ロード・トゥ・パーディション』で観ていたので、
どうしてエンタメ系に行ったんだろうと思ったからです。
007シリーズは嫌いではなく、全く興味を惹かれないジャンルだったので殆ど見たことなくて。
子供の頃ショーン・コネリー版をTVで2本くらい。でもダニエル版は行ってしまいましたよ。
で、チャラチャラしてないボンド(私のイメージではチャラ男なもんで)がクールで良かったです。
何よりアクションが美しい!これがポイント高いです。
午前十時の映画祭でスティーヴ・マックイーンの映画を観た時「ダニエル・クレイグっぽいなあ」と
思ったんですが、それは飛んだり跳ねたりのフォームがとても綺麗だったからでした。
アスリートの動きみたいで。
この記事でピックされてる作品では『トゥーム・レイダー』しか観ていません。
レビュー拝読して『ホテル・スプレンディッド』を観たいって思いました。おもしろそう!
嬉しい情報でした。ありがとうございます♪
2011.05.11 15:23 | URL | #nxzuATHA [edit]
Elijah(管理人) says..."湛さん。"
湛さん

こんにちは。
過去記事まで遡って頂いてありがとうございます!
確かにクリスチャン・ベールではなく、ダニエル・クレイグだったのがフェイントですね。笑
僕もダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を演じると知った時は誤報だと思いました。
実際に『007/カジノ・ロワイヤル』を観るまではかなり複雑な心境でしたね。
でも、ダニエルのジェームズ・ボンド像は
彼の魅力が活かされたCOOLな仕上がりだったので今では良かったと思っています。
それにしても英国時代のTV映画
『モール・フランダース~燃ゆる運命の炎~』を知っているとは通ですね!笑
『ホテル・スプレンディッド』はかなり個性的な作品ですが楽しめると思いますよ♪
密かにDVD(新品)を欲しいと思っているのですが、
すっかり入手が難しくなってしまいました…。泣
2011.05.11 16:27 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1120-a41417ec
該当の記事は見つかりませんでした。