よりよい明日。

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW②
『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』(2010)
●観た理由●
チュ・ジンモ、ソン・スンホン、キム・ガンウ出演作なので。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
香港映画『男たちの挽歌』(1986)の韓国版。
…と言っても、僕はそのオリジナル版を見たことはない。
チュ・ジンモ(ヒョク役)とソン・スンホン(ヨンチュン役)の2SHOTは、
彼らが登場した時点から既に格好よかった。
見栄えが良く、とても“絵”になる2人の共演にシビれる。
物語の主導権を握る実質の主役はチュ・ジンモだった。
こういう家族や友情を大事に想う正統派の役柄はピッタリ。
ソン・スンホンはいつもの雰囲気とは違っていたけど様になっていた。
キム・ガンウ(チョル役)は子犬のようで可愛らしい。
中盤以降で立派な刑事となったものの、兄の前ではいつまでも子どもの時のままだった。
チョ・ハンソン(テミン役)は少し間が抜けたイヤ味な悪役を意気揚々と演じていた。
それにしても若い女優がここまで徹底して登場しないのは、
観ていてある意味気持ちが良かった。
ヨンチュンが最期に言いかけた言葉の続きが気になる。
『俺は……。』
友情と呼ぶには軽々しすぎるヒョクとヨンチュンの精神的な繋がり。
ラストシーン直前のチョルの行動は余りにも衝撃的で物悲しかった。
韓国映画のラストシーンは彼らの元気だった姿を映すことが多いので、
それがまた切なさを誘う。
エンドロールに流れるCHEMISTRYが歌う主題歌
『a better tomorrow』は韓国語Ver.で聴きたかったな。
以下、“男たち”のポートレイト↓
チュ・ジンモチュ・ジンモ②
チュ・ジンモ③
ソン・スンホン
ソン・スンホン②
キム・ガンウキム・ガンウ②
●満足度●
★★★☆

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1098-c83d225e
該当の記事は見つかりませんでした。