Elijah的オスカー予想’11。

英国王のスピーチソーシャル・ネットワーク
いよいよ2月28日(日本時間)に迫った第83回アカデミー賞授賞式
毎年恒例となったElijah的主要6部門の受賞予想を行います。

●作品賞
【Elijahの予想】:『英国王のスピーチ』
賞レース開始直後は断然『ソーシャル・ネットワーク』だと予想していたのだけど、
オスカーが近づくに連れて『英国王のスピーチ』だと確信するようになった。
年齢層の高いオスカー会員好みの題材、
米国人は英国に対する憧れ雑じりのコンプレックスがある。
『ソーシャル・ネットワーク』は高年齢層には理解し難いSNSを描いた内容、
物語のスピードの速さに付いていけていないような気がする。
ただ、『ソーシャル・ネットワーク』は現代の米国を描いているので、
自国の物語に一票を投じる会員も少なくはないと思う。

●監督賞
【Elijahの予想】:デヴィッド・フィンチャー…『ソーシャル・ネットワーク』
『英国王のスピーチ』のトム・フーパー監督の力量と手腕も高評価に値するけど、
なにぶん“映画”監督としての経験が浅いので実績を重んじるアカデミー協会は
円熟味を増したデヴィッド・フィンチャー監督に受賞させるものだと予想する。
実際にフィンチャー監督の演出は素晴らしかったので。

●主演男優賞
【Elijahの予想】:コリン・ファース…『英国王のスピーチ』
ここは、ほぼ間違いなし。
去年の『シングルマン』での評価と
主演男優賞を逃した分も含めて投票する会員多しと予想する。
彼が受賞せずして誰が獲ると言えるくらいの素晴らしいパフォーマンス。

●主演女優賞
【Elijahの予想】:ナタリー・ポートマン…『ブラック・スワン』
ここも、ほぼ間違いなし。
実生活において妊娠中であることも高ポイントに繋がるはず。
但し、『キッズ・オールライト』のアネット・ベニングに対する支持率も高いので、
もしかしたらアネットが悲願を叶えるかもしれない。
個人的にはアネット・ベニングは故デボラ・カーと同じ匂いがするので、
いつか功労賞で受賞するような気がするのだけどね。

●助演男優賞
【Elijahの予想】:クリスチャン・ベイル…『ザ・ファイター』
ここ最近まではクリスチャン・ベイルの受賞はほぼ間違いなしと思っていたけど、
どうやら直前になって『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュに対する支持が
急激に高くなっている模様。
クリスチャンのこれまでの悪態めいた発言もマイナスポイントの要因だったり。
それでも僕は願いを籠めてクリスチャン・ベイルだと予想する。
この部門は受賞当確と云われていた俳優が獲れなかったり、
若手や中堅よりもベテランの男優が受賞するケースが多いので
授賞式当日まで本当に判らない。

●助演女優賞
【Elijahの予想】:メリッサ・レオ…『ザ・ファイター』
ここもつい最近まではメリッサ・レオの受賞はほぼ間違いなしと思っていたけど、
彼女自身が私費を投じてオスカー・キャンペーンを繰り広げたことに因って
同業者から『そこまでして賞が欲しいのか』と反感を買っている事実が判明。
実際、彼女には投票しないと公言している人まで出る始末。
なので、今ではノミネートされている5人の誰が受賞してもおかしくないと云われている。
いや、『トゥルー・グリット』のヘイリー・スタインフェルドが一歩抜きん出ている噂あり。
それでも僕は敢えてメリッサ・レオだと予想する。
個人的な“希望”としてならば、
『英国王のスピーチ』のヘレナ・ボナム=カーターに初受賞してほしいところ。

MEMO:毎回予想の時に書くのだけど、
アカデミー賞は政治が大きく動くので純粋に演技だけでは受賞できない。
時代の世相プラス人脈、配給、製作会社、エージェントの力強い後押しも必要不可欠。
今回に限っては主要6部門すべてを当てる自信がない。
特に助演女優賞は本当に予想がつかないので。
ちなみに外国語映画賞にノミネートされている、
『Hævnen』(デンマーク)は受賞できないと思う。
理由は例年通り、ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞した作品は獲れていないので。
なので、僕的には『Biutiful ビューティフル』(メキシコ)が
受賞しそうな予感がする。
さて。僕の今年の予想は当たるかな??
もちろん、今年も朝からTVの前でリアルタイム鑑賞ができそう♪

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1091-86655f09
該当の記事は見つかりませんでした。