白いリボン。

白いリボン
『白いリボン』(2009)
●観た理由●
題材に強く惹かれたので。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
2010年の映画館での鑑賞を締め括った作品。
2010年の最後を締め括る映画をこの『白いリボン』にすると大好きな人や友達に話すと、
『いかにもElijahらしいチョイスだよね』と口を揃えて言われたっけ。
…まぁ、確かにそうだけど。笑
どちらかと言えば苦手なミヒャエル・ハネケ監督作。
精神的なダメージを覚悟して観たら、それほど苦痛を感じることはなかった。
作品の展開とは裏腹にとにかく、モノクロの映像が美しい。
閉塞感ある村の雰囲気に『ヴィレッジ』を思い出したり。
どれだけ社会的地位のある職業かは知らないけど、
あの牧師と医師の心根は腐っているように思えた。
“臭いものには蓋をしろ”、“見たくないものに対しては目を瞑れ”的な思想に虫酸が走る。
…ことの真相と判断は観客の心に委ねられていた。
この締め括り方に関しては想定内だったので、特に何も思わなかった。
僕個人の見解では犯人は村人全員なのだと思う。
本当のところは牧師の娘であるクララを筆頭とする子どもたちなのかもしれないが。
クライマックスで男爵の妻が語る言葉にこの作品の本質が描かれているように感じた。
振り返れば、この作品には必要以上の音楽が流れていなかった。
2010年の年明けに観た『カティンの森』に続きエンドロールは無音。
この大人たちの環境の中で育った子どもたちが後にナチス・ドイツになっていくのだと
想像するだけで背筋が凍ってしまった。
●満足度●
★★★★★

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1069-a5c9386f
該当の記事は見つかりませんでした。