キック・アス。

キック・アスキック・アス②
『キック・アス』(2010)
●観た理由●
アーロン・ジョンソン主演作なので。
題材に惹かれたから。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
僕が観た回は平日であるにも関わらず、立ち見ありの大盛況ぶりだった。
メンズデーのせいもあるんだろうけど、観客のほとんどが男性ばかり。
パンフレットの購入率もずば抜けて高かったと思う。
確かに暴力描写はドギツイかもしれないけど、
この際、倫理観はサイドに置いておき思いきりノルことにした。
物語の前半をユーモアとシニカルなテイストで楽しませて貰った分、
クライマックスのカタルシスにホロリとさせられてしまう。
この流れは巧いと言える。
アメコミや映画好きにはタマらない仕上がりだったと思う。
これは哀愁を滲ませた生身のヒーローの物語。
物語の締め括り方が『スパイダーマン』シリーズへのオマージュ的に感じた。
クリストファー・ミンツ=プラッセはやはりクセ者かつ芸達者。
クロエ・グレース・モレッツは『COOL&NICE!』のひと言。
あのコスチューム・プレイは素敵すぎる!
『シャーロック・ホームズ』に続くマーク・ストロングの悪役ぶりは堂に入っている。
彼演じるフランコ率いるギャングの一味にガイ・リッチー組が居たことと、
久しぶりにスクリーンで観たニコラス・ケイジの好演ぶりに映画ファンとして妙に嬉しかった。
ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)と
ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)のやり取りもイチイチ面白かったな。
そして、忘れてはならないのがお目当てのアーロン・ジョンソン。
『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』に続く好演ぶり。
ナイーブな演技はお手のもので、今回も颯爽とキメていた。
久しぶりに彼との出逢い作である、
『ジョージアの日記/ユーウツでキラキラな毎日』を観たくなったな。
ちなみにアーロンくんの新作は、
中田秀夫監督の英国映画『Chatroom/チャットルーム』(3月19日日本公開)。
Chatroom/チャットルーム
そして気になる『キック・アス』の続編となる『Kick-Ass 2: Balls to the Wall』は
主要スタッフ&キャスト変わらず、2012年全米公開予定のアナウンスあり。
キック・アス③キック・アス④
●満足度●
★★★★★

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

sabunori says..."ヒット・ガールにメロメロ"
こちらにもお邪魔します。
普段履き古しているのがありありとわかる生活感あふれる
キック・アスの足元のブーツが目に焼きついて。(笑)
あとは変身する過程で目の周りを黒くふちどるビッグ・ダディの姿も忘れられません。
しかしなんといってもヒット・ガールは天晴れでしたね。
柱を駆け上ってクルりとバク転する姿があんなにカッコいいのは
ジャッキー・チェンと彼女ぐらいだわ!
彼女が戦うときに流れるBGMも可愛かったですね。
パート2と「僕のエリ」のリメイク作品、楽しみです♪
2011.02.09 11:39 | URL | #JalddpaA [edit]
Elijah(管理人) says..."sabunoriさん。"
sabunoriさん

こちらにもありがとうございます。
sabunoriさんはヒット・ガールをかなり気に入っていましたよね!
実は僕、キック・アスの足元のブーツの記憶がないんですよね。汗
ずっとアーロン・ジョンソンの顔ばかり観てましたから。爆
ビッグ・ダディの化粧姿はしっかり記憶に残っています♪
ヒット・ガールは本当にカッコよかったです。
少女に演じさせるという着眼点が素晴らしかったと思います。
『Let Me In』の日本公開日、早く決まってほしいですよね♪
2011.02.09 15:17 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
湛 says..."やはりヒットガールにメロメロ"
Elijahさん こんにちは。
やっと鑑賞しましたので、今頃お邪魔しました。
面白かったです!ただ、ブラッディにヘタレなので
ヒット・ガールの最初の闘いには度肝抜かれました。
アメコミって結構ヴァイオレンスですね。
おまけにニコラス・ダディは・・・!
私にはちょっとグロ過ぎでした。
そしてやはり、ヒット・ガール、クロエのキュートさにやられました。
ホントに自分は益々オヤジ化してるんじゃないかと思います。
でもめちゃめちゃ可愛かったし、何よりアクションがキレが凄い。
彼女が『ぼくのエリ』のハリウッド版に出るんですね。
(結局あれも公開スル―で原作『モールス』を読んでしまった)
アーロンは演技面で実力発揮でしたね。
あの美貌を抑えて冴えないキャラは、役者魂を感じました。
まだ彼の作品は少ししか鑑賞していませんが、キャラによって
雰囲気がガラっと変わって見えますね。
マーク・ストロングは、そろそろ悪役でない芝居が観たいです。
遅ればせながらTBいたします☆
2011.05.31 15:39 | URL | #nxzuATHA [edit]
Elijah(管理人) says..."湛さん。"
湛さん

こんにちは。TBありがとうございます。
『キック・アス』は正統派のヒーロー物と違って、
『シン・シティ』寄りの独特な作風なので暴力描写も過激な方だと思います。
僕的には丁度これくらいの“毒”を欲していたので(笑)、ただただ痛快でした。
“毒”だけじゃなく、きちんとカタルシスもありましたし。
クロエ・グレース・モリッツは本当にCUTEかつCOOLでしたよね。
彼女が大きくなりすぎないうちに、早く続編を製作してほしいですね。
ちなみに『モールス』は8月5日に日本公開が決まっていますよ↓
http://morse-movie.com/
湛さんの“おらが村”でも上映があるといいですね!
アーロン・ジョンソンの冴えてない感もツボでした。
確かに作品によって雰囲気が違いますよね。
マーク・ストロングはこのところ悪役が続いてますね。
どうやら次に日本公開される『グリーン・ランタン』も悪役みたいですよ。苦笑
2011.06.01 13:53 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1068-256f492e
キック・アス
デイヴ(アーロン・ジョンソン)はコミックおたくで仲間とツルむサエない高校生。 スーパーヒーローに憧れる彼はネットで購入したコスチュームに身を包み、 夜の街をパトロールに繰り出すことを決意する。 しかし特殊能力も腕力もないデイヴは犯罪者に立ち向かうもあっ...
キック・アス
2011/5/29観  於小倉昭和館  (※『ソーシャルネットワーク』と二本立て) 『 Kick-Ass 』   2010年  アメリカ×イギリス合作  117分    監督/マシュー・ヴォーン  原作/マーク・ミラー×ジョン・ロミータ・Jr.  脚...
該当の記事は見つかりませんでした。