2010年自分史総括。

2010年に映画館で観た映画は、84作品。
映画館へ足を運んだのも、84回。
内、GUYSと観たのは、28回。単独で観たのは、56回。
今年は気分的に単独鑑賞が多かったです。

毎年、総括の時に記している言葉。
2010年もたくさんの映画のおかげで、いろんな国を旅することができました。
大いに励まされ癒され救われ考えさせられ楽しまされ笑わされ泣かされ…。
映画製作に携わるすべての方に心から感謝したいと思います。

その観たい映画を上映してくれた愛用の映画館にも感謝。
なんばパークスシネマ…18作品。
TOHOシネマズなんば…12作品。
敷島シネポップ…11作品。
テアトル梅田…10作品。
梅田ガーデンシネマ…8作品。
シネ・リーブル梅田…7作品。
シネマート心斎橋、TOHOシネマズ梅田…6作品。
梅田ブルク7、神戸アートビレッジセンター…2本。
109シネマズ箕面、梅田ピカデリー…1本。
その“梅田ピカデリー”は年明けの2011年1月16日を以って閉館。
ここで最後に観た作品は今年3月のサンドラ・ブロック主演『しあわせの隠れ場所』でした。

僕の映画鑑賞に付き合ってくれたGUYSにも感謝。
奥野…16作品。
坂本ちゃん…3作品。
reeちゃん、奈良ちゃん、フッチー…2作品。
有美ちゃん、園部さん、渕さん、ナカジ…1作品。

2010年。
Elijahがハマった人たち
a.映画俳優
【アメリカ】ジョセフ・ゴードン=レヴィット。映画俳優部門№1。
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
年明け1月に映画館で観た『(500)日のサマー』でノックアウト。
続く7月の『インセプション』。
9月に家で鑑賞した『キルショット』&『セントアンナの奇跡』。
ブロガー仲間さんの粋な計らいでこの暮れに見ることができた『ルックアウト/見張り』。
とにかく!僕の中で“2010年”を象徴する存在だったと言っても過言ではないくらい、
ジョーにハマりまくりました。
ほかには【アメリカ】ジェイク・ギレンホール、キャム・ギガンデット。
【イギリス】ジェームズ・マカヴォイ、アーロン・ジョンソン、
ジュード・ロウ、ルパート・フレンド。
【カナダ】ライアン・ゴズリング、ライアン・レイノルズ。
【フランス】メルヴィル・プポー、故ジェラール・フィリップ。
【韓国】イ・ジョンジェ。【日本】妻夫木聡、岡田将生、高良健吾にハマりました。
b.音楽
【イギリス】TAKE THAT。音楽部門№1。
TAKE THAT
一年間として振り返れば、
いちばんよく聴いていたのはCOLDPLAYじゃなく彼らの音楽だった。
プラス、今年はロビー・ウィリアムスがメンバー復帰という記念すべき年だったし。
この12月に日本発売された6thアルバム『Progress』の出来にも満足♪
ほかには【アメリカ】THIRD EYE BLIND、【イギリス】COLDPLAY、
【日本】平井堅にハマりました。
c.漫画家
【日本】咲坂伊緒。漫画家部門№1。
ストロボ・エッジ①ストロボ・エッジ②ストロボ・エッジ⑩
咲坂氏が描いた『ストロボ・エッジ』。
羽海野チカの『ハチミツとクローバー』以来の胸キュンぶりにハマった作品。
恋をすることの大切さや“ときめき”を思い出させてくれた。
主人公、木下仁菜子に恋される一ノ瀬蓮は正しく、
池野恋の『ときめきトゥナイト』シリーズの真壁俊に匹敵する“王道”のカッコよさ。
或いは和泉かねよしの『メンズ校』の神木累タイプとも言える。
とにかく、その蓮くんに年甲斐もなく(苦笑)、どれだけ“ドキドキ”したことか!
連載が延々と続くことなく、丁度キリのいい全⑩巻で今年完結したことも好印象だったり。
咲坂伊緒の新作『アオハライド』(“別冊マーガレット”2011年2月号より連載開始)も
CHECKすること決定。

映画に関して言えば。
遂に映画館での鑑賞本数が100本を切った。
振り返れば、今年は心の底から
『この映画は絶対にスクリーンで観たい!』と思える作品が少なかったような。
内容よりも好きな映画俳優目当てで観に行ったことが多かった気がする。
プラス、以前よりも“映画は映画館で観る”というこだわりや
執着心がなくなってきたせいもある。
その原因は観たいと思える映画自体のオリジナル性や個性がなくなったということもあるけど、
シネコンに於ける環境(観客のマナー)の悪さに
足が遠退き気味になってしまったというのも事実。
貴重な時間とお金を遣って邪魔されることほど悔しいことはない。
今年はその分、家で旧作や新作を100本近く見ていた。
まぁ、理想は映画館で週一本ペースの年間52本だから今年もよく観た方だよね。
日本映画が年々盛り上がっているけど、
僕は世間とは対照的に年々邦画を観る本数が減っている。
昨今流行りのTV局出資型かつTVドラマ畑出身の“演出家”よりも、
映画畑で育った“映画監督”によるきちんとした演出での作品を観たい。
特にシネコンで上映されるようなTVドラマの延長線上の演出はお腹一杯だし、
ネームバリューだけで基礎や役作りがほとんど出来ていない若手俳優の
演技を観せられるのも『…なんだかなぁ』という感じだ。
これくらいの演出や演技で簡単に感動できてしまう“観客”の行く末も心配になる。
このままだと芸術に対する感性が浅いままで終わってしまうような。
日本映画には今まで以上にもっと頑張ってほしいという想いが尽きない。
…となんだかんだ言いつつ、2011年も素晴らしい作品と数多くめぐり逢えたらいいな。
BLOGに関して言えば。
今年はBLOG、FC2 PIYO、twitterと欲張って記録していたけど…
最終的にはBLOGとtwitterを交互に楽しんでいた感があるかな。
ようやく両方それぞれの特色や楽しみ方に気づいたというか。
2011年も“二足のわらじ”的に活用していこうと思っています。
そうそう。今年はBLOGの運営を始めて丸5年が経つという記念すべき年でもあった。
これまでに繋がりを持った人は数知れず。
今でもずっと交流がある人も居れば、すっかり疎遠になってしまった人も居る。
…かと思えば、音信不通だった人から久しぶりにコメントを頂いたり。
改めて考えると不思議な“縁”だなぁ。
ちなみに偶然にも今回の記事で総記事数が丁度1000件(!)だったりします。
プライベートに関して言えば。
そう言えば今年は一度もBLOGで“モノローグ”を記事にしていない。
昔ほど語りたいと思わなくなったのかもしれないね。
仕事
特に語るべきことはなく(笑)、今後はスキルアップができたらいいな、と。
恋愛
すっかり安定期に入りました。
でも、いつだって大好きな人の前では胸キュン状態のオトメンです。笑
2011年
来年の目標は少しでも多くの親孝行を両親にすること。
痩せるために10月から始めたウォーキングを継続すること。
そして、毎日を楽しく健康に過ごせることかな。

…という感じで2010年自分史総括を締め括りたいと思います。
どうやら2010年の記事はこれが最後になりそうです。
定期的に読んで下さった方、ありがとうございました。
2011年もお付き合いの程、どうぞヨロシクです。
それでは、良いお年を♪
※年明け!【2010年年間ベストテン】発表。乞う御期待!

関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

rogue says..."お世話になりました!"
王子! こんにちは♪

今年も大変お世話になりました。
そうですね~、王子は今年はジョセフくんでしたよね~。
こないだ今年観た映画をチェックしなおしていたところ、
『(500)日のサマー』って今年やったんや!と思いました(笑)
もうずいぶん前のことのような気がします。一年って長いような短いような。

私もだんだんと映画館へいくことが減りました。
やっぱり観客のマナーって気になりますよね。
それと単館上映とかだと、なかなか時間が合わなくて。
来年はもっと行く回数が減るかも。家で観る方が楽というのもあるし、
映画館で観てよかった!と思える作品が、
ほとんどなくなってしまったというのがいちばんの理由です。

Twitterも面白かったですね~☆ 一時期ほんとにクセになってて、
ブログを続けて行く自信がなくなったのですが、やっぱり私はBLOG派です♪
でもTwitterは、相手の、BLOGではわからない別の部分が見えて好きです。
来年も続けるつもりですのでよろしくです♪

そうそう、この前TTのNEW アルバム買うぞー!と思ってお店に行ったのに、
置いてなかったという・・。たぶん売りけれ?
家電量販店に行ったのが間違いだったかも(笑)

2010年年間ベスト10、楽しみにしてますよ~。
あ!10作品とも私が観てない作品だったりして。ありえる(笑)

というわけで、来年もどうぞよろしくお願いします!
よいお年をお迎えください☆
2010.12.30 11:58 | URL | #saqCtuag [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんにちは!
こっちこそ今年もお世話になりました。
うん、僕にとって今年は本当にジョセフ・ゴードン=レヴィットYEARだったよ♪
僕も『(500)日のサマー』は随分前に観た気がしなくもないから(笑)、
時の流れって本当に早いと思う。

rogueさんも映画館へ足を運ぶことが減ったんだね。
確かにミニシアターは変則的な上映の仕方が以前にも増して増えたよね。
シネコンも字幕版より日本語吹替版の方がメインになってきてるし、
観客の入りが悪ければすぐに上映回数が減らされるシビアな世界になってるからね。
うん、確かに家で見てる方が気楽だよねー。
いつだってすぐに自分の都合で時を止められるし。笑
ホント、『映画館で観てよかった!』と思える作品が減ったことが哀しい…。

twitterのハマり具合。
rogueさんがBLOGを続けていく自信がなくなるくらいだったとは、ちょっと意外。
最近はツイート数が減っていたので、すっかり飽きてしまったんだと思っていたから。
僕も基本、BLOGがあってこそのtwitterなんだよね。
twitterをやってみて、改めてBLOGの良さに気づくこともあったし。
うんうん、確かにtwitterでフォロワーさんの人となりが見えてくることってあるよね!
こちらこそtwitterでもどうぞヨロシクです。

TAKE THATのCD。
うん、家電量販店だとお取り扱いがないと思う…。苦笑
2010年年間ベストテンは1、2本はrogueさんが観た作品も入ってると思うよ~、多分。笑
…と言う訳で(笑)、来年もこれからもどうぞヨロシクお願いします!
rogueさん、良いお年を☆
2010.12.30 13:19 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Cuomo says..."お世話になりました♪"
王子、今年も本当にお世話になりました!
いつもいろいろとありがとうございます♪

今年は何と言ってもジョセフくんでしたね!
と言っても僕が彼の存在を知ったのは『インセプション』だけど……。
遅っ!!(笑)
王子のオススメ『(500)日のサマー』も観られたし。
この作品めっちゃ好きです♪
ススメてくれてありがとう!!
とにかく、今年は彼の出演作を観る機会が多かったと思います。
1人の役者さんにスポットあてて映画を観ていくって楽しいですね!
今までそういう見方をした事がないのでちょっとハマりそうです。
今はウィル・スミスの出演作を観直したいなぁ。って思ってたり。

シネコンの環境の悪さはハンパじゃないですよね!
年々酷くなってる気がする!!
気分を害する事が結構あって、家でのんびり観るのがイライラしなくて楽しめましたねぇ。
今年は映画館で観たい!って思える作品も確かに少なかったし、僕も映画館で観るって事が減っていきそうです。

Twitterはシンプルで直感的に使えるのがイイなぁ。って思ってます。
編集も出来ないし、その分失言等をしないように気をつけなきゃいけないけど。
けど、気楽な感じが好き☆
BLOGはねぇ、相変わらず更新が滞ってるという…。
引っ越した意味は果たしてあるのだろうか?って感じです。(笑)
来年は時間を上手に使っていきたいです。

だらだらコメントしちゃいましたが(汗)
来年もよろしくお願いします!!
よいお年を♪
2010.12.31 09:47 | URL | #ncVW9ZjY [edit]
Elijah(管理人) says..."Cuomoさん。"
Cuomoくん

こちらこそ、色々とお世話になりました。
うん、今年は本当にジョセフ・ゴードン=レヴィットYEARだったよ♪
『(500)日のサマー』&『インセプション』は最高だったし!
特に前者をCuomoくんに見て貰えて、
プラスかなり気に入って貰えたようでオススメした甲斐があったよ。
サプライズ的な『ルックアウト/見張り』も本当にありがとうね!
こうやって、ひとりの俳優を追いかけながら観るのも楽しいでしょ。
僕は基本、映画はそういう見方なので。笑
ウィル・スミスと言えば僕的にはやっぱり、
『メン・イン・ブラック』&『バッドボーイズ』の両シリーズだな♪
現在撮影中の『Men in Black III』(2012年日本公開予定)が今から楽しみだよね!

Cuomoくんもシネコンでの鑑賞でイヤなことがあったんだね。
シネコンの繁栄で映画館を公共の場と思わず、
自分の家と勘違いしている人がもの凄く増えたと思う。
あとは“常識”という線からはみ出した人が増えた世の中になってしまったような。
うん、だから家でのんびり見るのも悪くはないよね。
でも、やっぱり映画好きの誰もが口にしている“映画館で観たいと思える映画”が
少なくなったことがいちばん残念なことだよね。
ここがいちばんの基本だと思うからさ。

twitterは確かにシンプルで気楽に活用できるところが魅力のひとつだよね。
その代わり、勢いでツイートしてしまうこともあるから削除することもしばしばあるけど。苦笑
お互いBLOGとtwitter、良いさじ加減で利用していけたらいいね。
ではでは来年もどうぞヨロシクお願いします。
Cuomoくんも、良いお年を☆
2010.12.31 15:04 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
chloe says..."No title"
王子

今年は主にツイッターでだけど再び交流できて楽しかったよ!
ブログへのコメントもいいけど、パッと移動中とかにもレスできるツイッターは便利に感じたし、
前よりも王子と近い感じがした。うん。


映画見る本数。私も狂ってた時は年間220本映画館で見ちゃいました~
なーんて年もあったけど、今年は劇場で見たのは20本ぐらいかな。
月に2回ぐらい映画館に行く感じだよ。
近場で見るのでどうしても大作系の作品になっちゃうけどね。

映画館で見る本数が少ないせいか「つまらない」って感じる作品が少なかったよ。
多分映画館に行くってことが自分の中でちょっとしたイベントになっていて、
盛り上がってるからつまらなく感じないのかなーとか分析。
まぁもしかしたら単純にアタリな作品が多かっただけかもしれないけど。(笑)

恋愛。安定期でよかったね。安心したよ。
王子もイロイロ大変な時期もあったからな~って思い返したら
母のような気持ちになって泣けてきた。あはは。

まぁとにかくよいお年を!来年もよろしくねん。
2010.12.31 17:02 | URL | #8GOaZlGU [edit]
Elijah(管理人) says..."chloeさん。"
chloeちゃん

今年突然のchloeちゃんとの再会は印象的だったよ。
確かに便利なtwitterも含め、これからもヨロシクね♪

chloeちゃんも昔はもの凄い本数を観ていたことを思い出したよ!
今は月2回の年間24本くらいのペースなんだね。
僕も理想は週一本の年間52本だから気持ち的には解るよ。
でも僕の場合はほとんど好みの映画が単館系での上映だから、
大作系ばかりのシネコンになっちゃうとかなり辛いかも。苦笑
僕もすっかり“自分が観たいと思える映画”だけを観に行くようになったから、
今年は“つまらない”と思える作品との出逢いはなかったなぁ。

あー!chloeちゃんが“泣けた”っていう部分はここだったんだね!笑
うん、“恋愛”に関しては本当にすっかり落ち着いたよ。
適度な距離と適度な想い。
なんか、その人の前だと素直になれるし、気持ちが和らいで心地いいんだよね。
恋愛に於いては今がいちばん幸せかもしれないです。
気に掛けてくれて、ありがとうね。

ではでは来年もどうぞヨロシクです!
chloeちゃんも、良いお年を☆
2010.12.31 18:02 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
sabunori says..."安定期ですか♪"
Elijahさん、こんばんは。
私の場合我が家にあるのが地デジ対策の済んでいない
ちっこい画面のテレビのため、どうせ観るなら劇場で・・・と
思ってしまうんですよねぇ。
来年テレビを買いかえた後にはElijahさんやみなさんと
同じように考えられるかも。
とはいえ私好みのアジア作品は公開にこぎつけないものが大半なので
必然的に自宅鑑賞になってしまうのですが。(笑)
シネコンへ行く時には怒りの沸点をMAXまで上げて大きな心を持とう!と
自分に言い聞かせています。
それでもね~、後ろのオヤジが前の席の椅子に足を乗っけていたりするとプチッと切れて思わず・・・。

ところで今年もあと数時間となりました。
今年はElijahさんとニアミス的に映画を観て感想について
お話できて楽しかったです。
Elijahさんの2010年ベスト10がUPされたらまた
TBにうかがわせていただきますね。
今年に引き続き来年もヨロシク♪
2010.12.31 22:00 | URL | #JalddpaA [edit]
Elijah(管理人) says..."sabunoriさん。"
sabunoriさん

明けましておめでとうございます。
レスが年明けになってしまい済みません。
はい。大きな波風も立つことなく、すっかり安定期に入りました。笑

あー、言われてみれば家のTVの環境が良くなったことも、
映画館で観なくなってきた理由のひとつかもしれませんね。
まぁ、僕好みの映画も最近はDVDスルーが増えつつあるので、
その辺りはsabunoriさんと同じですが。笑
シネコン。僕も寛大な気持ちになりたいんですけど、一度気になり始めたらなかなか…。
エンタメ系だと常に音が大きいのでまだいいんですけど、
謎解き物や静かなドラマだと許せないものがありますね。
僕も沸点に来たら、もう注意せずにはいられませんよ。笑

こちらこそ去年はsabunoriさんと映画についてお話することができて楽しかったです。
今年はニアミスではなく、お会いできるかも…と密かに期待しておきます。
シネマート心斎橋、若しくは敷島シネポップ辺りで。笑
ではでは今年も変わらずどうぞヨロシクお願いします☆
2011.01.02 12:43 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1038-8e213a2e
該当の記事は見つかりませんでした。