2013年10月ショービズ・リスト(映画館)。

10月に映画館で鑑賞したショービズ。

●映画館●
21◆トランス◆(イギリス=アメリカ/2013)
【ここは、誰も見たことのない<記憶のその先>──。】
トランス
MEMO:TOHOシネマズなんば(本館スクリーン1)
2013.10.11 12:00
ポイント鑑賞0円
点数評価:85点
原題:『催眠状態』
観た理由:ジェームズ・マカヴォイ主演作なので。

22◆危険なプロット◆(フランス/2012)
【教師と生徒の個人授業は、いつしか息詰まる心理戦に変わる。】
危険なプロット
MEMO:テアトル梅田(劇場1)
2013.10.23 11:40
水曜サービスデー1000円
点数評価:78点
原題:『家の中で』
観た理由:フランソワ・オゾン監督作なので。

以上。

関連記事
スポンサーサイト

2013年10月ショービズ・リスト(TV)。

10月に家で鑑賞したショービズ。

●TV(映画)●
164◆墨攻◆(中国=日本=香港=韓国/2006)
【10万人の敵にたった1人で挑む。
戦乱の中国──歴史上に忽然と現れ消えた、墨家(ぼっか)という戦闘集団がいた。
天才戦術家[革離]、彼の使命は、戦わずして守ること。】
墨攻
MEMO:IMAGICA BS
2013.10.5
五つ星評価:★★★
見た理由:チェ・シウォンが出演しているので。

165◆サハラ、熱砂の愛◆(フランス/2009)
【消えたパートナーの飛行士を追ってヒロインはアフリカのサハラ砂漠に向かうが、
そこで予期せぬ運命へ。
オスカー女優M・コティヤール主演のロマンティックアドベンチャー。】
サハラ、熱砂の愛
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開/ジャパンプレミア)
2013.10.6
五つ星評価:★★★
見た理由:マリオン・コティヤール&ギョーム・カネ共演作なので。

166◆アーサー・クリスマスの大冒険◆(イギリス=アメリカ/2011)
【どうして20億個のプレゼントを一晩で配れるか知ってる?】
アーサー・クリスマスの大冒険
MEMO:スター・チャンネル
2013.10.15
五つ星評価:★★★★
原題:『アーサー・クリスマス』
見た理由:ジェームズ・マカヴォイが声の主演を務めているので。

167◆トゥルース 闇の告発◆(ドイツ=カナダ/2010)
【『ナイロビの蜂』レイチェル・ワイズ主演!
戦地ボスニアの闇を暴く、実話に基づいたアクション・サスペンス大作!】
トゥルース 闇の告発
MEMO:IMAGICA BS(劇場未公開)
2013.10.18
五つ星評価:★★★☆
見た理由:ベネディクト・カンバーバッチが出演しているので。

168◆人生の特等席◆(アメリカ/2012)
【スカウトマン、娘1人。キャリア最後の旅に出る。】
人生の特等席
MEMO:WOWOWシネマ
2013.10.19
五つ星評価:★★★
原題:『カーブに問題が』
見た理由:ジャスティン・ティンバーレイクが出演しているので。

169◆ヴァンパイア◆(アメリカ=カナダ=日本/2011)
【惹かれあう孤独な魂たち この世の果ての恋物語】
ヴァンパイア
MEMO:WOWOWシネマ
2013.10.20
五つ星評価:★★★
原題:『吸血鬼』
見た理由:岩井俊二監督作なので。

170◆エイリアン バスターズ◆(アメリカ/2012)
【『ナイト ミュージアム』の監督&キャストが贈る
抱腹絶倒のSFアクション・エンターテイメント!
地球の運命は4人のポンコツに託された──】
エイリアン バスターズ
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2013.10.20
五つ星評価:★★★
見た理由:題材とキャスト陣に惹かれて。

171◆崖っぷちの男◆(アメリカ/2011)
【なぜ、ここに・・・?
いま、起死回生のショータイムがはじまる。】
崖っぷちの男
MEMO:WOWOWシネマ
2013.10.26
五つ星評価:★★★★
原題:『崖っぷちの男』
見た理由:サム・ワーシントン&ジェイミー・ベル共演作なので。

172◆リンカーン/秘密の書◆(アメリカ/2012)
【昼は大統領、夜はハンター
あの大統領には、若き日から挑み続けた誰も知らない戦いがあった──。】
リンカーン/秘密の書
MEMO:WOWOWシネマ
2013.10.27
五つ星評価:★★★
原題:『エーブラハム・リンカーン:ヴァンパイア・ハンター』
見た理由:ドミニク・クーパーが出演しているので。

173◆高地戦◆(韓国/2011)
【朝鮮戦争、最期の日。歴史から消された過酷な12時間の戦い──】
高地戦
MEMO:WOWOWシネマ
2013.10.27
五つ星評価:★★★★
原題:『高地戦』
見た理由:コ・スが出演しているので。

174◆アパリション -悪霊-◆(アメリカ/2012)
【アシュリー・グリーン×トム・フェルトン×セバスチャン・スタン
戦慄のホラー・ムービー!!】
アパリション -悪霊-
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2013.10.28
五つ星評価:★★
見た理由:セバスチャン・スタンとトム・フェルトンが出演しているので。

●TV(海外ドラマ)●
33◆ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則◆(アメリカ/2007-2008)
【オタクの仲良しコンビのお隣に、キュートな女性が越してきた!
全米で高視聴率獲得!エミー賞&TCA賞(テレビ批評家協会賞)受賞で話題、
『フレンズ』以来の大ヒット・ラブコメディ、シーズン1をアンコール・ベルト放送。】
ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則
MEMO:Super!dramaTV(日本語吹替版)
2013.9.24-2013.10.4(全17話)
五つ星評価:★★★★
見た理由:好きなTVシリーズのシーズン1なので。

34◆CHUCK/チャック シーズン3◆(アメリカ/2010)
【エミー賞2年連続受賞!
『ゴシップガール』のジョシュ・シュワルツと『ターミネーター4』のマックGが手を組んだ、
コミカルな魅力あふれる痛快スパイアクション、シーズン3アンコール・ベルト放送!】
CHUCK/チャック シーズン3
MEMO:Super!dramaTV(日本語吹替版)
2013.9.11-2013.10.8(全19話)
五つ星評価:★★★★★
見た理由:好きなTVシリーズなので。

35◆ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則 シーズン2◆
(アメリカ/2008-2009)
【エミー賞主演男優賞2年連続受賞!
仲良しオタク四人組とお隣のキュートな女の子が繰り広げる、
全米で高視聴率の大ヒット・コメディ、シーズン2をアンコール・ベルト放送!】
ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則 シーズン2
MEMO:Super!dramaTV(日本語吹替版)
2013.10.7-2013.10.22(全23話)
五つ星評価:★★★★☆
見た理由:好きなTVシリーズのシーズン2なので。

36◆ゴシップガール シーズン5◆(アメリカ/2011-2012)
【放送開始直後から現在に至るまで、
常に話題を独占している大ヒットドラマ『ゴシップガール』。
シーズン5をアンコール・ベルト放送!】
ゴシップガール シーズン5
MEMO:Super!dramaTV(日本語吹替版)
2013.9.20-2013.10.23(全24話)
五つ星評価:★★★★★
見た理由:好きなTVシリーズなので。

37◆SPEC~零~◆(日本/2013)
【『SPEC』シリーズの前日譚を描いたスペシャルドラマ!】
SPEC~零~
MEMO:TBS=毎日放送(TVM)
2013.10.25
五つ星評価:★★★★
見た理由:好きなシリーズなので。

以上。

2013年10月コレクション・リスト。

10月に購入したコレクション。

●CD●
◆Train◆
『California 37: Mermaids Of Alcatraz Tour Edition』(輸入盤)
【INCLUDES THE HITS “Drive By” “50 Ways To Say Goodbye” “Mermaid”
and “Bruises” Plus 6 Bonus Tracks】
California 37: Mermaids Of Alcatraz Tour Edition

◆SHINee◆
『Everybody』(輸入盤)
【SHINee 05th MINI ALBUM】
Everybody

◆LAWSON◆
『Chapman Square / Chapter II』(輸入盤)
【2 CD DELUXE / 25 TRACKS
Includes the singles WHEN SHE WAS MINE TAKING OVER ME
STANDING IN THE DARK LEARN TO LOVE AGAIN BROKENHEARTED FT BoB & JULIET
PLUS BONUS ACOUSTIC DISC】
Chapman Square / Chapter II

●CD(レンタル)●
◆今井美樹◆
『Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics-』
【「あなたは私の青春そのもの」今井美樹が歌うユーミン珠玉の名曲集】
Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics-

◆(f)x◆
『Chu~♥』(輸入盤)
Chu~♡
『NU ABO』(輸入盤)
NU ABO
『Electric Shock』(輸入盤)
Electric Shock

◆2PM◆
『Winter Games』
【ASIA №1野獣アイドル2PM 待望の7thSGリリース!!】
Winter Games

●MP3●
◆SHINee◆
『Bodyguard [Rearranged][Studio Version][Live]』
【Bonus TrackとしてSHINee THE FIRST JAPAN ARENA TOUR "SHINee WORLD 2012"で
初めて日本語ver.になった『Bodyguard』を収録!】
Dazzling Girl [初回生産限定盤B]

●漫画●
◆井上雄彦(原作:吉川英治)『バガボンド』第36巻◆
【命と希望の開墾
土に、呼吸を──。命が咲くように。】
バガボンド 36

◆椎名軽穂『君に届け⑳』◆
【「別冊マーガレット」にて大好評連載中!総天然色☆青春グラフィティ最新第20巻!!
・・・・・・・・・・・・・・・そんな風に──思ったこと なかった・・・
自分がやりたいこと。進みたい道。それぞれの将来を見つめはじめるとき──】
君に届け⑳

◆よしながふみ『大奥⑩』◆
【「人は、病に、勝てる。」
悲恋の舞台であった男女逆転大奥。
その大奥が、逆転世界の根源である赤面疱瘡を解明する研究所となる──。
よしながふみのSF大河ロマン、待望の第十巻。
[第56回]小学館漫画賞(少女部門)受賞!!】
大奥⑩

◆松本大洋『Sunny④』◆
【僕たちの見つめる先に・・・・・・まだ景色はない。
──松本大洋が、自身の内なる少年少女たちと対峙し、対話す。精魂の第4集!!
月刊IKKI(小学館刊)にて好評連載中!!
「なあみをけってぇ ううねりぃをのりこえてぇ♪」(太郎)
『ヨット』(佐藤義美作詞・湯山昭作曲)より】
Sunny④
以上。

ジェームズ・マカヴォイ × マイケル・ファスベンダー。

James McAvoy(34).

Paul Wetherell - MAN ABOUT TOWN, N°13 Autumn/Winter 2013.
MAN ABOUT TOWN - N°13 Autumn/Winter 2013
ジェームズ・マカヴォイ
ジェームズ・マカヴォイ②
ジェームズ・マカヴォイ③

Michael Fassbender(36).
David Bailey - ELLE UK / December 2013.
ELLE UK - December 2013
マイケル・ファスベンダーマイケル・ファスベンダー②
マイケル・ファスベンダー③マイケル・ファスベンダー④

「Interview Russia - November 2013」.
マイケル・ファスベンダー
マイケル・ファスベンダー②マイケル・ファスベンダー③
マイケル・ファスベンダー④マイケル・ファスベンダー⑤
マイケル・ファスベンダー⑥マイケル・ファスベンダー⑦
マイケル・ファスベンダー⑧マイケル・ファスベンダー⑨
マイケル・ファスベンダー⑩
マイケル・ファスベンダー⑪

◆ジェームズ・マカヴォイ&マイケル・ファスベンダーの共演作◆
『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年5月24日日本公開予定/配給:FOX)
X-MEN:フューチャー&パストX-MEN:フューチャー&パスト②



『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011年6月11日日本公開)
X-MEN:ファースト・ジェネレーションX-MEN:ファースト・ジェネレーション②

ジェイミー・ドーナン × ポートレイト PART2。

Jamie Dornan(31).

「ShortList - 31 October 2013」.
ShortList - 31 October 2013
BRIT LIST 2013
Jonathan Saunders, Jamie Dornan, Will Poulter, Jake Bugg, and Tom Sellers.
ジェイミー・ドーナン

Cameron Mcnee - Sunday Time Style.
ジェイミー・ドーナン
ジェイミー・ドーナン②

Tony Buckingham.
ジェイミー・ドーナン
ジェイミー・ドーナン②

Jeff Hahn - ASOS Magazine.
ジェイミー・ドーナン
ジェイミー・ドーナン②

Jonty Davies.
ジェイミー・ドーナンジェイミー・ドーナン②

「GQ - Cater Smith」.
ジェイミー・ドーナン×ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
ジェイミー・ドーナン×ロージー・ハンティントン=ホワイトリー②ジェイミー・ドーナン×ロージー・ハンティントン=ホワイトリー③
ジェイミー・ドーナン×ロージー・ハンティントン=ホワイトリー④
ジェイミー・ドーナン×ロージー・ハンティントン=ホワイトリー⑤
ジェイミー・ドーナン×ロージー・ハンティントン=ホワイトリー⑥
Jamie Dornan and Rosie Huntington-Whiteley.

「GQ - Bruce Weber」.
ジェイミー・ドーナンジェイミー・ドーナン②
ジェイミー・ドーナン×ケイト・ボスワース
ジェイミー・ドーナン×ケイト・ボスワース②
Jamie Dornan and Kate Bosworth.

Mert Alas & Marcus Piggott - VISIONAIRE 52 PRIVATE.
ジェイミー・ドーナン
ジェイミー・ドーナン②
ジェイミー・ドーナン③

◆映画出演作◆
『Fifty Shades of Grey』(2014年8月1日米国公開予定)
2013年12月2日より撮影開始予定
クリスチャン・グレイ役/主演
監督:サム・テイラー=ジョンソン
共演:ダコタ・ジョンソン

『Flying Home』(2014年ベルギー公開予定)
コリン役/主演
監督:ドミニク・デリュデレ
共演:Charlotte de Bruyne、ヤン・デクレール
Flying Home
Flying Home②

『Shadows in the Sun』(2009年6月5日英国公開)
ジョー役
監督:デヴィッド・ロックサヴェージ
共演:ジーン・シモンズ、ジェームズ・ウィルビー
Shadows in the Sun

『マリー・アントワネット』(2007年1月20日日本公開)
フェルゼン伯爵役
監督:ソフィア・コッポラ
共演:キルスティン・ダンスト
マリー・アントワネット
マリー・アントワネット②

ゴシップガール シーズン1~5。

ゴシップガール シーズン5
ゴシップガール シーズン4ゴシップガール シーズン3
ゴシップガール シーズン2ゴシップガール
『ゴシップガール』(アメリカ/2007-2012)
◆粗筋(Super!dramaTVから引用)◆
ニューヨークはマンハッタンのアッパー・イースト・サイド。
ハイソサエティな人々が住むこの街の高校生の間では、
謎の“ゴシップ・ガール”なる人物が管理する情報サイトが人気を集めている。
数々の目撃情報で成り立つこのサイトで、
今もっとも注目されているのがセリーナ・ヴァンダーウッドセン。
1年前ひっそりと街を離れ、寄宿学校に入っていた彼女が突然戻ってきたのだ。
デザイナーの母を持つブレアは、
セリーナの幼稚園からの幼なじみ、海軍大佐の息子ネイトと付き合っている。
ブレアはセリーナと親友だったが、今や大きな溝ができていた。
実はネイトとセリーナは1年前浮気しており・・・。
◆感想◆
●シーズン1●
第1&第2話。
ずっと見たかったシリーズ、ようやく初体験。素直に面白かった。やっぱり洗練されている。NYが舞台なだけにゴシップガールの語り口が『SEX and the CITY』のキャリーのモノローグを思い出すな。本来なら正統派の王子様的なチェイス・クロフォードに惹かれるんだけど、今回はペン・バッジリーにキュンキュンなりそ。ダンとジェニーの兄妹の関係性って微笑ましい。『ビバリーヒルズ高校/青春白書』のブランドンとブレンダを思い出す。レイトン・ミースターの目鼻立ちのはっきりした顔のパーツってウィノナ・ライダーっぽい。マシュー・セトルのパパ役は嬉しい(『ラストサマー2』が懐かしい)。ただね、セリーナとブレアの吹き替えが『新ビバリーヒルズ青春白書』のジェンとエイドリアナなんで、なんか変な気分になる(まだ慣れない)。
第5話。
とにかくハイセンス!NYとLA(『新ビバリーヒルズ青春白書』)の違いがここまで大きいなんて。ジェニーが頭角を現してきたのが興味深い。お泊り会の最後、最高にCOOLだった(引き換えにどんどんメイクが濃くなっていっているけど)!
第6話。
噂の(?)ヴァネッサ初登場。仮面舞踏会の入れ替わりのくだりが面白すぎ!ダンがお気に入りだけど、やっぱりネイトも気になってきたぞ。You know you love me. xoxo Gossip Girl.←口癖になりそ(笑)。アーチボルドって名字に憧れるのは『キャンディ・キャンディ』のアーチーボルト・コーンウェルのせいだ(こっちはファーストネームだけど)。Super!dramaTVで先にこのシリーズを見てる人は皆、ブレアとチャックを推してくる人が多い。S1を見ている段階の自分にとっては彼らは『キャンディ・キャンディ』のイライザとニールのラガン兄妹のキャラに見えるんだけど。
第7&第8話。
ダンは女心が解ってないなと思った(もしかして鈍感?)。ヴァネッサは何か下心を感じる。ネイトの母親は現実を見ようとしないところが苦手。今のお気に入りは(それでも)ダンとネイト。
第13&第14話。
面白すぎるんですけど!『ビバリーヒルズ高校白書』のブランドン的な庶民派のダンと王子様タイプのネイトの両方に惹かれる。最近、エリックもお気に入り(キュート)。だんだんブレアとチャックの良さ(=個性)にも気付いてきた(かも)。ジェニー、最初の頃に戻ってほしいなぁ(無理だろうけど)。第13話と第14話の間で米国での放送自体が一旦お休みに入ったので、第14話で髪型が変わっている人が居た。ジェニーとエリックは前の方がいいなぁ。第14話~ジェシカ・ゾアがレギュラーに昇格(出ていなかったけど)。
第15&第16話。
今回もアッと言う間の90分だった。初登場のジョージーナのキャラ強烈!『ビバリーヒルズ青春白書』のバレリーどころじゃなさそう。エリック、なぜ未遂したのか不思議に思ってたんだけど・・・まさか気付かなかった!今回もダン⇔ネイトを行ったり来たりのキャア♪
S1鑑賞終了。
全18話は本当にアッという間だった。それくらい毎回楽しかった。ジョージーナはあれぐらいでギャフンとは言わないだろうから、何れ復活するのだろうね。ハッピーエンド組が出るかと思ったらチャックとブレア、そう来たか。セリーナとネイトってお似合いだと思うんだけど。ダンの行動は最後の方は『むむむ』って感じだったので(堅物ブランドンが被った)、今は王子様的なネイトが一番のお気に入り♪S2を待ちきれなくてTSUTAYAへ借りに行っちゃいそうな勢い。
●シーズン2●
第1&第2話。
待ってたよ!とにかく楽しくてアッという間に見終わってしまった。ブレアとチャックのやり取り=駆け引きが面白い。ジェニーの濃いメイクも元に戻ったし(今だけだろうけど)。でも、やっぱり一番好きなのはネイト(ダンも)!これから毎週の楽しみが増えた♪ネイト・アーチボルド・・・名前からして上流階級のにおいがして素敵なんだもん♪ You know you love me. xoxo Gossip Girl.
第3&第4話。
庶民が寝た子を起こしてしまった。ダン、特にヴァネッサの行動は軽率。ブレアにすべて任せておけば良かったのに。上流階級の人間を甘く見過ぎていたよね(何もかも上手)。
第5&第6話。
男子3人が良い加減で絡みだしてきたのが嬉しい。チャックの芯のブレの無さに好印象を持つようになってきた。でも、やっぱり「爽やかネイトくん」が好き(だって王子様みたいなんだもん)♥
第7&第8話。
一ヶ月ぶりの放送再開(待ち焦がれた)。ダンと王子様ナサニエル・フィッツウィリアム・アーチボルドが親しくなるのが嬉しくてイイ感じ。ブレアとチャックの駆け引きが面白く、そして切ない。ジェニーがどんどんケバくなっていくのが嫌!でも・・・「ここだけの話だけどやっぱり、女の子はおとぎ話みたいなエンディングに憧れるよね。みんなおやすみ。多分リトルJは幸せを掴みましたとさ。xoxo Gossip Girl」・・・王子様とキャーン!
第11話。
感謝祭のエピソード良かった。「今年の感謝祭が終わりに近づいたところで、私が感謝しているものをリストアップさせてね。まずは、どんなに暗い状況になっても昔からの友情の灯は蘇るものだという事に感謝。新しい恋のおかげで、自分の成長に気が付けた事に感謝。素直になれば距離が縮まる事にも感謝。そして世間が何て言おうと、誰にでも帰る家があるっていう事に感謝。例え自分の家でなくてもね。でも何より感謝してるのはね、これほど愛に満ちた日にも許されない事をやっちゃう人が居る事。彼の涙は届くのか、乞うご期待。xoxo Gossip Girl」・・・ネイト王子様はどっちが好きなの!?最近SよりもBの方が好きになってきたかも。ドロータお気に入り。MEN'Sは相変わらずナサニエル・フィッツウィリアム・アーチボルドが一番好き♥
第14話。
チャックのおじ、ジャック・バス演じるデズモンド・ハリントン初登場。待ってました!早くアーロン・トヴェイト(トリップ・ヴァンダービルト役)も登場してほしい。
第19話&第20話。
待ってたよ!ナサニエル・フィッツウィリアム・アーチボルドのいとこトリップ・ヴァンダービルト役でアーロン・トヴェイト初登場!なんて素敵なイケてる一族♪しかもアーミー・ハマーも登場だし。BとNが復活(付き合っていた事も忘れていたんだけど)。でも、「安らぎ」って大事だし解る。それにしてもくっついたり離れたり・・・華やかだけど小さな世界観。
第21話&第22話。
GG「女王様、決断の時。白い騎士とお城に行くか、闇の王子と冒険の旅に出るか、さあBどっちを取る?ネイトとの熱烈な夜?バスとの化け物退治?」・・・自分だったら、迷わず白い騎士とお城に行く!N「ねえ、大好きなんだよ。だからコートを脱いで、ここに居て」・・・キャーン!こんな事Nに言われたいっ!ジョージーナ、キャラ変わりすぎなんですけど(もちろん、騙されません!)。
第24話。
S「チャック・・・なんか信じられないんだけど、あんた凄く優しいね」C「完璧な夜にしてやりたかった」GG「わ~!あのマザーチャッカーがこんな粋な事やるなんて!でも、CがBの夢を叶えてあげたんなら、クイーンのお相手はあのキングじゃあないんじゃない?」。
第25(最終)話。
GG「ゴシップガールに会いたいって?周りを見てごらん。皆が居るから、私が存在するの。高校時代の友情は儚いけど、今日の事で、皆の絆が強まるといいね。秘密は全部暴露したから全員解放だよ、大学まではね。卒業おめでとう。いつでも一緒に居るよ」。毎週アッという間のS2でホント楽しかった(『Glee4』よりハマってたかも・・・爆)!S2はとにかくナサニエル・フィッツウィリアム・アーチボルドにメロメロだった。王子様♥♥♥
●シーズン3●
第1&第2話。
メンバーが大学という新生活が始まって楽しい。孤独なDが孤独じゃなくなっている。見た目も行動も男前になっているし。でも、Gとの関係には「え?」。N、「ロミオ&ジュリエット」のようなロマンティックな関係に突入?相変わらず素敵な王子様。BとCのLOVE×2ぶりがどうにもこうにも微笑ましくて。GのBi**hな復讐劇が見もの。Sはなぜ故そこまで父親に固執する?だんだん「ウゼリーナ」にならないか心配。ここでのコナー・パオロはいつ見ても可愛い。ゲスト出演者のセバスチャン・スタンがなんか格好良く見えてきたり(声優さん変わった?)。アーロン・トヴェイトはSとKissしてるし?・・・初っ端から本当に楽しくて又してもアッという間だった。イェールはエリート、ブラウンはセレブ、NYUは一般的(庶民派?)、コロンビアはその中間的ってイメージ。海外の青春物はS2とS3がピークで、S4から面白くなくなってくる傾向があるような。『ゴシップガール』もS4辺りから脱落者が多いみたいなので覚悟しとかないと。
第3&第4話。
「私が思うに人が映画に行くのはおとぎ話が観たいからじゃないかな。眠れる女王は真実のキスで目覚めた。世界へ飛び立つため宝石をしまってしまうお姫様も居る。再びめぐり逢う引き裂かれた恋人たち。でも人生はおとぎ話のようにはいかない。ハッピーエンディングも滅多にあるもんじゃない。人生じゃ若い女王が暴君にもなる。そして家来たちを戦いに連れ出す。だから映画は必要なの。例え現実はどうであれ私たちに愛の可能性ってものを思い出させてくれるから。そして時にはおとぎ話が現実になる事もある。xoxo Gossip Girl」。只今、ダンとネイトとカーターにキャアキャアキャア♥♥♥あー、楽しすぎる、S3☆
第6話。
『SMASH』S1に出演していたGood Lookingなニール・ブレッドソーが出ていて興奮(ここでもgay役)。相変わらずダンとネイトとカーター推し。あー、目の保養になる♥♥♥もちろん、物語も面白いけど!なにげにお気にのジョージーナ帰ってきて!
第7話。
ジェニーが再びダークサイドへ堕ちる感じがして嫌だ。エリックと仲良かったのが微笑ましかったのに。ヒラリー・ダフのどすこい体型が気になって仕方がない(特に二の腕)。ダンと恋におちる前に痩せましょう。女子キャラでなぜか気になるのがジョージーナ。最初は苦手だったんだけど、彼女が登場すると物語が盛り上がるので面白い(周りを引っ掻き回してくれるので)。今度はどんな腹黒Bi**hぶりを披露してくれるんだろうって。早く再登場しないかなぁ。
第8話。
待ってました!のアーロン・トヴェイト再登場。出番も多くて嬉しい。ネイトとトリップ・・・なんて素敵な一族。セリーナと恋の予感(FU・RI・NE??)♪
第9話。
ジェニー、舞踏会デビューの回。自分もネイトにエスコートされたいぞ。トリップとセリーナ益々いい感じ!エリックとジェニーが対立・・・ダークサイドへ!?今回のエピソードも楽しかった♪
第11話。
トリップとネイトの2人から愛されるセリーナが羨ましすぎる。なんなら3人で付き合う事オススメしたい。
第17話。
セリーナとネイトが付き合っていて嬉しい。この2人、お似合いだもん(名門のサラブレッドだし)。ネイトはホントに王子様♥♥♥今回のブレアに対するチャックの行動は完全にNGだと思う。それにしてもアッパーイーストサイドで「暗殺ゲーム」に参加してみたいぞ。
第20話。
セリーナって相手の事を思いやっているようで、結局のところ一番自己中心的なキャラに思えてきた。最近のS・・・ウゼリーナ!
S3鑑賞終了。
最後のエピソード(第22話)は怒涛の展開だった。まさかジェニーがブルックリンを去るのがこのシーズンだったとは!ジョージーナがまさかの姿で再登場!やってくれるね、面白すぎる。
●シーズン4●
第1~第5話。
ジョージーナ、面白すぎ!アッという間に去っちゃった。ジュリエットの素性がめちゃくちゃ気になる。ジョージーナのBi**hぶりは愛嬌があって全然許せるけど、ジュリエットの腹黒Bi**hぶりは今のところ最低最悪の不愉快でしかない。しかも容姿が老けている(良く言えば大人びている)のでコロンビア大学生に見えないんですけど、このおばさん。その老けっぷりで誰か怪しいと思わないのかな?ネイトは優しすぎて心根が弱いというか、やっぱりお坊ちゃまって感じ(そこが王子様っぽいと言えばそうだけど)。チャックはエヴァと幸せになってほしかった。彼女と一緒に居る時のチャックの表情、柔らかくて本当に幸せそうだったから。大抵の人がチャックにはブレアがお似合いと言うけど、自分的にはエヴァだな(演じるクレメンス・ポエジーがグウィネス・パルトローに見えて仕方がなかったけど)。最近のヴァネッサはキャラクターが変わりすぎと言うか弱い。そりゃあ、S4で降板したくなるよね。次回はジェニーが復活!
第6話。
Little J復帰エピ。とにかくジェニーが痛快にカッコよかった。BとCの周りを巻き込む大人げない対決ぶりに辟易していたので、これで休戦してひとまずホッ。ジュリエットとあの男、予想通りに繋がっていた。NとS、早く気付いて目を覚まして!
第10話。
事実上、Little J最後の出番となるエピソード。最後はかつては憧れだったBとの場面。良い方向へ導くかのように終わったのがせめてもの救いかな。テイラー・モムセンの降板は素行不良で『ビバリーヒルズ高校/青春白書』S4で降板したシャナン・ドハーティ(ブレンダ役)と重なるものがあるな。憎き老け顔ジュリエット・・・このBi**h!!! 最近は王子様Nよりも孤独なDの方が好印象。Sなんて奪い合わずにNとDが付き合ったらいいのに!それにしてもまさかBとDがタッグを組む事になるなんて・・・まさか恋の予感なんてないよね(笑)。
第11話。
ようやくジュリエット退場。彼女も一被害者だったのだろうけど、最後まで好印象を持てないキャラだった。でも、まさかベンの方が良いキャラだったとは(はい、容姿も好みです)!BとDの初タッグが新鮮で見ていて楽しかった。この2人もアリだね。最近は子どもたちよりもルーファスとリリーの方が厄介に思えるのは気のせい?Vはもはや蚊帳の外扱いだし。
S4鑑賞終了。
このシーズンも振り返ればなんだかんだ楽しかった。このシーズンをもってジェシカ・ゾアとコナー・パオロが降板。Vは迷走ばかりのシーズンだったね(出ている意味がなかったように思えたので降板も納得)。BとDの意外で微妙な関係性が面白かったな。王子様Nの存在感は薄かった。シーズン・フィナーレに大好きなジョージーナがカムバックして嬉しかった。やっぱり彼女の一挙一動はツボ。
●シーズン5●
第14話まで鑑賞。
アーロン・トヴェイト(トリップ役)とヒューゴ・ベッカー(ルイ役)があんな出番の終わり方だなんて!女子キャラで一番好きなジョージーナがまたまた復活して楽しい!どんどん引っかき回しちゃって下さいな♪
S5鑑賞終了。
リリーとSの似た者母娘は人間的に全く成長していないのが残念。Cの家族関係はかなり違和感ある設定と辻褄が合わないような展開に思えた(+急いで描きすぎなので説得力に欠ける)。・・・とは言うもののこの数ヶ月、このシリーズにハマったのは間違いなく。いよいよ最終シーズンとなるS6(全10話)が今から楽しみ♪スパドラさん、早めの放送ヨロシクです(恐らく2014年4月辺りかと予想)!

該当の記事は見つかりませんでした。