スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年9月ショービズ・リスト(映画館)。

9月に映画館で鑑賞したショービズ。

●映画館●
19◆黒いスーツを着た男◆(フランス=モルドヴァ/2012)
【アラン・ドロンの再来とフランスメディアが絶賛!ラファエル・ペルソナ日本初上陸
完璧な人生だった、あの夜までは。】
黒いスーツを着た男
MEMO:シネ・リーブル梅田(劇場2)
2013.9.11 12:00
水曜サービスデー1000円
点数評価:79点
原題:『三つの世界』
観た理由:ラファエル・ペルソナ主演作なので。

20◆ウルヴァリン:SAMURAI◆(アメリカ/2013)
【散ることのないサムライ。】
ウルヴァリン:SAMURAI
MEMO:TOHOシネマズなんば(本館スクリーン5)
2013.9.14 15:10
TOHOシネマズデイ1000円
奥野
点数評価:75点
原題:『ウルヴァリン』
観た理由:『X-MEN』シリーズ関連作なので。

以上。

関連記事
スポンサーサイト

2013年9月ショービズ・リスト(TV)。

9月に家で鑑賞したショービズ。

●TV(映画)●
149◆ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)◆(アメリカ/2011)
【『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカーが今度は、
完璧(パーフェクト)なキャリアウーマンに!!】
ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.1
五つ星評価:★★★
原題:『彼女がどうやってそれをこなすのかわからない』
見た理由:サラ・ジェシカ・パーカー主演作なので。

150◆善き人◆(イギリス=ドイツ/2008)
【友よ、愛する人よ、僕は何を失ってしまったのだろうか──。
ただ、正しい道を選びたかった。】
善き人
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.7
五つ星評価:★★★★☆
原題:『善』
見た理由:題材に惹かれたのとヴィゴ・モーテンセン主演作なので。

151◆きっと ここが帰る場所◆(イタリア=フランス=アイルランド/2011)
【人生は美しさで満ちている だけど、時々、何かが変だ・・・】
きっと ここが帰る場所
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.8
五つ星評価:★★★☆
原題:『これがその場所に違いない』
見た理由:ショーン・ペン主演作なので。

152◆裏切りのスナイパー◆(フランス=ベルギー=イタリア/2012)
【5人組の銀行強盗のうち4人が、2年後に再会して大金を山分けしようと約束するが、
互いに裏切り合う事態に・・・・・・。
WOWOWの放送が日本初公開のハードフレンチノワール。】
裏切りのスナイパー
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開/ジャパンプレミア)
2013.9.9
五つ星評価:★★★
見た理由:マチュー・カソヴィッツが出演しているので。

153◆ザ・クリミナル 合衆国の陰謀◆(アメリカ/2008)
【『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセール主演!
大統領暗殺未遂事件とCIAスパイの告発の行方は
緊迫サスペンス・アクション!!】
ザ・クリミナル 合衆国の陰謀
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2013.9.12
五つ星評価:★★★
見た理由:マット・ディロンが出演しているので。

154◆ル・アーヴルの靴みがき◆(フィンランド=フランス=ドイツ/2011)
【心をみがけば、奇跡はおこる。】
ル・アーヴルの靴みがき
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.15
五つ星評価:★★★★☆
原題:『ル・アーヴル』
見た理由:劇場公開時に気になっていたので。

155◆キリング・フィールズ 失踪地帯◆(アメリカ/2011)
【絶対に救い出す──。】
キリング・フィールズ 失踪地帯
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.16
五つ星評価:★★★☆
原題:『テキサス殺人地帯』
見た理由:サム・ワーシントン主演作なので。

156◆怪盗グルーの月泥棒 3D◆(アメリカ/2010)
【あのユニバーサル・スタジオが贈るアトラクション3Dを映画館で!
その奇跡は、ひとりじゃ起こせない。】
怪盗グルーの月泥棒 3D
MEMO:関西テレビ(『怪盗グルーの月泥棒』/日本語吹替版)
2013.9.16
五つ星評価:★★★☆
見た理由:続編『怪盗グルーのミニオン危機一発』が気になったので。

157◆白雪姫と鏡の女王◆(アメリカ/2012)
【おとぎの国でバトルが始まる。】
白雪姫と鏡の女王
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.16
五つ星評価:★★★☆
原題:『鏡よ、鏡』
見た理由:ターセム・シン・ダンドワール監督作&ジュリア・ロバーツ主演作なので。

158◆ディヴァイド◆(アメリカ/2011)
【NY崩壊 取り残された9人 迫り来る、終末の[余波]】
ディヴァイド
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.17
五つ星評価:★★★
原題:『分かれたもの』
見た理由:マイロ・ヴィンティミリアが出演しているので。

159◆ボディ・ハント◆(アメリカ/2012)
【それは、彼女の肉体を狙っていた・・・。】
ボディ・ハント
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.17
五つ星評価:★★★
原題:『通りの突き当りの家』
見た理由:ジェニファー・ローレンス主演作なので。

160◆Verginia/ヴァージニア◆(アメリカ/2011)
【彼女だけが知っている、この街の秘密】
Verginia/ヴァージニア
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.21
五つ星評価:★★★
原題:『間の』
見た理由:題材に惹かれたのとオールデン・エアエンライクが出演しているので。

161◆ウェイバック -脱出6500㎞-◆
(アメリカ=アラブ首長国連邦=ポーランド/2010)
【生きるために歩く。
シベリアからインドまで6500㎞を踏破した男達の真実の物語】
ウェイバック -脱出6500㎞-
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.21
五つ星評価:★★★★
原題:『帰り道』
見た理由:ジム・スタージェスとコリン・ファレル共演作なので。

162◆テイク・ディス・ワルツ◆(カナダ/2011)
【しあわせに鈍感なんじゃない。さみしさに敏感なだけ。】
テイク・ディス・ワルツ
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.28
五つ星評価:★★★★
原題:『このワルツをどうぞ』
見た理由:劇場公開時に気になっていたので。

163◆コロンビアーナ◆(フランス=アメリカ/2011)
【悲しき暗殺者、カトレア。
彼女の生きる意味──それはただ、復讐を果たすこと。】
コロンビアーナ
MEMO:WOWOWシネマ
2013.9.29
五つ星評価:★★★☆
原題:『コロンビアーナ』
見た理由:もともと『レオン』続編用に書かれた脚本と云われていたので。

●TV(海外ドラマ)●
28◆THE FALL 警視ステラ・ギブソン◆(イギリス/2013)
【『X-ファイル』のジリアン・アンダーソン主演!
北アイルランド ベルファストを舞台に、連続殺人犯と、
その事件捜査にあたる警視との心理戦をスリリングに描いた犯罪サスペンスドラマ】
THE FALL 警視ステラ・ギブソン
MEMO:Super!drama TV
2013.8.5-2013.9.2(全5話)
五つ星評価:★★★★
見た理由:ジェイミー・ドーナンが出演しているので。

29◆リベンジ◆(アメリカ/2011-2012)
【父を死に追いやった者達への、エミリーの美しく冷酷な復讐劇が始まる
あらゆる手段を使った壮絶な復讐とセレブ達の隠された複雑な人間関係が、
さらなる謎をよぶノンストップサスペンス!】
リベンジ
MEMO:ABCテレビ(日本語吹替版)
2013.3.20-2013.9.4(全22話)
五つ星評価:★★★☆
見た理由:評判が良かったので。

30◆CHUCK/チャック シーズン2◆(アメリカ/2008-2009)
【エミー賞2年連続受賞!『ゴシップガール』のジョシュ・シュワルツと
『スーパーナチュラル』のマックGが手を組んだ、
かつてないコミカル&ハイテンションなストーリーが話題の痛快スパイアクション!!
シーズン2をアンコール・ベルト放送!】
CHUCK/チャック シーズン2
MEMO:Super!dramaTV(日本語吹替版)
2013.8.9-2013.9.10(全22話)
五つ星評価:★★★★★
見た理由:シーズン1が面白かったので。

31◆ゴシップガール シーズン4◆(アメリカ/2010-2011)
【大人へと成長したキャラクターたちの新たな葛藤や恋、
謎めいた新キャラクターの登場など、ストーリーもますますエキサイティングに展開する
注目度№1ドラマ『ゴシップガール』シーズン4、アンコール・ベルト放送!】
ゴシップガール シーズン4
MEMO:Super!dramaTV(日本語吹替版)
2013.8.19-2013.9.19(全22話)
五つ星評価:★★★★★
見た理由:好きなTVシリーズなので。

32◆ストライクバック:極秘ミッション◆(イギリス/2011)
【英軍機密情報部「セクション20」がテロリストたちに立ち向かう
肉体派アクション・シリーズ。
すべてを脱ぎ捨て、無謀なミッションに挑む彼らから目が離せない。】
ストライクバック:極秘ミッション
MEMO:WOWOWプライム(日本語吹替版)
2013.7.5-2013.9.20(全10話)
五つ星評価:★★★☆
見た理由:主演男優2人に惹かれて。

●その他(映画)●
01◆La première fois que j'ai eu 20 ans◆(フランス/2004)
La Première fois que j'ai eu 20 ans
MEMO:Dailymotion(字幕なし)
2013.9.23
五つ星評価:★★★
見た理由:ラファエル・ペルソナが出演しているので。

以上。

2013年9月コレクション・リスト。

9月に購入したコレクション。

●漫画●
◆成田美名子『花よりも花の如く⑫』◆
【それでも、人の力を信じたい──
能楽師・憲人の舞台と恋と日常を描く、唯一の少女漫画@能!】
花よりも花の如く⑫

◆羽海野チカ『3月のライオン⑨』◆
【大事な人って誰ですか?
家族の第9巻】
3月のライオン⑨

●MP3●
◆安室奈美恵◆
『Damage』
【今年20周年を迎え、最新アルバム『Uncontrolled』が、
女性ソロアーティストとして2012年初の50万枚を突破!
11月からは自身初の全国5大ドームツアーも決定している安室奈美恵。
待望の新曲『Damage』は、安室奈美恵が過去にリリースした楽曲の中でも珍しいほどの、
新しいハードなロックナンバー!!
今年11月から公開される映画『黄金を抱いて翔べ』のために書き下ろされた新曲!
「“人生を賭ける男ども”の話なので、そこに負けまいと挑みかかるような、
エモーショナルな女性の歌声が一番望ましいと思った。」という井筒和幸監督からの
オファーを受け実現した注目作!】
Damage

◆COLDPLAY◆
『Atlas』
【2011年のアルバム『Mylo Xyloto』以来となる
コールドプレイのニューシングル『Atlas』。
ほのかに響きわたる切ないメロディや、
爽快なパーカッションをフィーチャーしたサウンドに乗せて
シネマティックに展開するこの新曲は、
映画『ハンガー・ゲーム2』の主題歌として書き下ろされた。】
Atlas

◆the KILLERS◆
『I Feel It in My Bones』
I Feel It in My Bones

◆リック・アストリー◆
『Superman』
Superman

●CD(レンタル)●
◆ピンク◆
『The Truth About Love』(EU輸入盤)
【ベスト盤が大ヒットしたP!NKの4年ぶり6thアルバム!】
Truth About Love

◆安室奈美恵◆
『I WILL』
I WILL

◆CNBLUE◆
『What turns you on?』
【1年ぶりとなる、日本でのセカンド・アルバム遂に発売!】
What turns you on?
『CODE NAME BLUE』
【待望の日本メジャー1stアルバム発売決定!
代々木競技場第一体育館でのワンマンライブも即完売させ、
更に韓国出身アーティストとしては初となるMTV Unpluggedライブへ出演を果たすなど、
ロックバンドとして着実に成長を遂げる中リリースされる、
待望の日本メジャー1stフルアルバム!
K-POPにとどまらず、J-POPの領域をも凌駕するスケール感で、
“オルタナティブ・ロック・バンド”としての風格も感じさせる
彼らのサウンドを存分に感じることのできる作品。】
CODE NAME BLUE

◆少女時代◆
『GALAXY SUPERNOVA』
【少女時代 2013年第2弾シングル!
タイトル曲、カップリングとも日本オリジナルの新曲を収録!】
GALAXY SUPERNOVA

◆サウンドトラック◆
『ティーン・ビーチ・ムービー』
【2013年7月20日(土)ディズニー・チャンネルにて日本初放送!!
“オースティン&アリー”で人気急上昇中のロス・リンチ他主演、
歌とダンスで贈る真夏のビーチ・パーティー!】
ティーン・ビーチ・ムービー

●CD●
◆『Glee Sings The Beatles』◆
【14 classic hits from The Beatles Performed by the cast of glee】
Glee Sings The Beatles

●オーディオブック●
◆Neil Gaiman『Neverwhere』◆
【A BBC RADIO FULL-CAST DRAMATISATION
A BBC Radio six-part adaptation of Neil Gaiman's bestselling novel,
starring James McAvoy as Richard and Natalie Dormer as Door】
Neverwhere
以上。

このワルツをどうぞ。

テイク・ディス・ワルツ
『テイク・ディス・ワルツ』(カナダ/2011)
◆感想◆
WOWOWシネマで鑑賞。
長年連れ添ったパートナーが居ながら、新しい境界線を越えるか超えないかの物語。
そのすべては主人公の義理の姉が最後に口にする台詞が物語っているように思えた。
ヒロインの気持ちは理解できなくもない。
ただ、それを実行しても一時の快楽だけで後に来るのは虚無感だと解っていたはず
正直、3人でSEXをするシーンはどん引きしてしまった。
最後に主人公が失ったものの大きさに気付いたであろう事がせめてもの救いかな。
まるでヒロインのゆらゆら揺れる心情を表すようなスクランブラーのシーンは、
流れるThe Bugglesの「Video Killed the Radio Star」と共に印象的。

この作品、ヒロインに共感し辛いのになぜか「好き」という余韻が残る不思議な魅力を持っている。
ミシェル・ウィリアムズは何を演じさせても情感たっぷりに魅せるので上手い。
この作品を『ブルーバレンタイン』の姉妹編と評する意見にも納得。
セス・ローゲンから初めて「男」の色気を感じた。
自分から見れば善い夫に映っていたけどなぁ・・・男ってああいう感じだと思うし。
ルーク・カービーはジャスティン・バーサに見えて仕方がなかった。
◆予告編◆

the KILLERS。

今年に入ってからお気に入りのUSバンドthe KILLERS
the KILLERS
Members:Brandon Flowers(32),
lead vocals, keyboards, synthesizers, piano, bass guitar.
Dave Keuning(37), lead guitar, piano, backing vocals.
Mark Stoermer(36), bass guitar, backing vocals, guitar.
Ronnie Vannucci, Jr.(37), drums, percussion, backing vocals.

ベストアルバム『Direct Hits』(2013年11月11日US発売)
Direct Hits
Direct Hits [Deluxe Edition]
Full Track Listing:
Mr. Brightside
Somebody Told Me
Smile Like You Mean It
All These Things That I’ve Done
When You Were Young
Read My Mind
For Reasons Unknown
Human
Spaceman
A Dustland Fairytale
Runaways
Miss Atomic Bomb
The Way It Was
Shot At The Night
Just Another Girl
Deluxe Version Also Includes:
Mr. Brightside (Original Demo)
When You Were Young (Calvin Harris Remix)
Be Still

リードシングル『Shot at the Night』
Shot at the Night



ニューソング『Just Another Girl』


◆4thアルバム『Battle Born』からのシングル◆
『Runaways』(2012年6月17日US発売/最高位第78位)
Runaways



『Miss Atomic Bomb』(2012年10月23日US発売)
Miss Atomic Bomb



『Here with Me』(2012年12月16日US発売/最高位第119位)


◆好きなアルバム◆
3rd『Day & Age』(2008年11月24日US発売/最高位第6位)
Day & Age

◆好きなシングル◆
『Human』(2008年9月22日US発売/最高位第32位)
Human



『Spaceman』(2008年11月4日US発売/最高位第67位)
Spaceman

ラファエル・ペルソナ × Filmographie。

Raphaël Personnaz(32).

◆主な出演作◆
『Quai d'Orsay』(2013年11月6日フランス公開)
Quai d'Orsay
Quai d'Orsay②


『Au bonheur des ogres』(2013年10月16日フランス公開)
Au bonheur des ogres


『Fanny』(2013年7月10日フランス公開)
Fanny
Fanny②

『Marius』(2013年7月10日フランス公開)
Marius


『After』(2013年1月30日フランス公開)
After


『恋のベビーカー大作戦』(2013年10月5日日本一般公開)
恋のベビーカー大作戦


『黒いスーツを着た男』(2013年8月31日日本公開)
黒いスーツを着た男


『アンナ・カレーニナ』(2013年3月29日日本公開)
アンナ・カレーニナ
アンナ・カレーニナ②


『スペシャル・フォース』(2012年9月5日日本DVD発売)
スペシャル・フォーススペシャル・フォース②


『La Chance de ma vie』(2011年1月5日フランス公開)
La Chance de ma vie
La chance de ma vie②


『La Princesse de Montpensier』(2010年11月3日フランス公開)
第36回セザール賞有望若手男優賞ノミネート
La Princesse de MontpensierLa princesse de Montpensier②


『ぜんぶ、フィデルのせい』(2008年1月19日日本公開)
ぜんぶ、フィデルのせい


『La Première fois que j'ai eu 20 ans』(2004年10月6日フランス公開)
La Première fois que j'ai eu 20 ans


◆新作◆
『Je suis femme』(2014年夏フランス公開予定)
2013年9月末より撮影開始予定
監督:フランソワ・オゾン
共演:ロマン・デュリス、アナイス・ドゥムースティエ

『Art or Love』(オーストラリア/2013)
2013年3月1日Byron Bay International Film Festival出品
Art or Love

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。