ラヴ・ラヴ。

Love Love
TAKE THAT『Love Love』
5月11日に配信限定でNEWシングル『Love Love』をリリース。
マシュー・ヴォーン監督『スターダスト』の時の『Rule the World』に続き、
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(6月11日日本公開)の
エンディング・テーマ曲として使用されます。
更に去年12月リリースの6thアルバム『Progress』に続く、
続編的な2枚組アルバム『Progressed』が6月13日に本国イギリスで発売。
Progressed
アートワークの色が黄→赤に変わっている。
『Love Love』を含む新曲8曲+既発の『Progress』11曲=全19曲の構成で、
プロデューサーは同じくスチュワート・プライス。
COLDPLAYで言うところの、
4thアルバム『Viva la Vida or Death and All His Friends』後の
EP『Prospekt's March』的な意味合いなんだろうね。
日本盤は発売されないようなので、僕はamazon.で輸入盤を予約。
早く聴きたくてタマらない♪
シングル『Love Love』のP.V.は2種類。
①オリジナル版↓

②“X-Men Version”↓

関連記事
スポンサーサイト

ジェームズ・マカヴォイ × menswear。

映画俳優で好きな男優のひとり、ジェームズ・マカヴォイ(32)。
menswear
米国雑誌『menswear / APRIL 2011』がジェームズ・マカヴォイを特集。
ジェームズ・マカヴォイジェームズ・マカヴォイ②
ジェームズ・マカヴォイ③
ジェームズ・マカヴォイ④ジェームズ・マカヴォイ⑤
…最後のモノクロの1枚のみ、
英国発雑誌『VANITY FAIR / JUNE 2011』からのポートレイト。
眉間のシワは健在。少しふっくらした感のあるマカヴォイくんでした♪

ジェレミー・レナー × MENSWEAR。

映画俳優で気になる米国男優のひとり、ジェレミー・レナー(40)。
MENSWEAR
米国雑誌『MENSWEAR - FALL 2010/SPRING 2011』がジェレミー・レナーを特集。
ジェレミー・レナージェレミー・レナー②
ジェレミー・レナー③
ジェレミー・レナー④ジェレミー・レナー⑤
…最後のモノクロの1枚のみ米国雑誌『GQ / OCTOBER 2010』からのポートレイト。
ジェレミー、素直にカッコいいね♪

’11五月ショービズ・リスト。

5月に観たショービズたち。

●映画館●
25★ブルーバレンタイン★(アメリカ)
【愛を知る誰もが経験のある、しかし誰も観たことのないラブストーリー】
ブルーバレンタイン
MEMO:シネマート心斎橋(デジタル上映)
2011.5.5 18:50
会員料金1000円
単独
点数評価:83点

26★ブラック・スワン★(アメリカ)
【純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる…】
ブラック・スワン
MEMO:TOHOシネマズなんば(デジタル上映)
2011.5.14 12:45
TOHOシネマズデイ1000円
奥野
点数評価:86点

27★ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男★(アメリカ)
【伝説の大富豪“ハワード・ヒューズの偽りの伝記”を執筆した、
ある作家の<真実の物語>。】
ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男
MEMO:シネマート心斎橋(デジタル上映)
2011.5.16 16:20
メンズデー1000円
単独
点数評価:75点

28★Chatroom/チャットルーム★(イギリス)
【“クリック”ひとつで、死のゲームが始まる──
インターネットの世界で繰り広げられる、戦慄の心理サスペンス】
Chatroom/チャットルーム
MEMO:第七藝術劇場
2011.5.16 20:40
メンズデー1000円
単独
点数評価:70点

29★スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団★(アメリカ=イギリス=カナダ)
【ゲーム、ロック、イケてる彼女、それがぼくの人生の必勝アイテム!】
スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団
MEMO:テアトル梅田
2011.5.20 12:20
ハッピーフライデー1000円
単独
点数評価:70点

30★キッズ・オールライト★(アメリカ)
【青空の下、共に生きる。家族になる。】
キッズ・オールライト
MEMO:シネ・リーブル梅田
2011.5.20 15:15
ポイント鑑賞0円
単独
点数評価:79点

31★ゲンズブールと女たち★(フランス=アメリカ)
【バルドー、バーキン、ピアフ、ドヌーヴ、フランス・ギャル、ジュリエット・グレコ…
美しい女たちと音楽に愛された天才セルジュ・ゲンズブール。
その華麗にして破天荒な生涯。】
ゲンズブールと女たち
MEMO:梅田ガーデンシネマ
2011.5.27 12:20
会員料金1000円
単独
点数評価:73点

●TV(映画)●
51★劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル★(日本)
【霊能力、出血大サービス!まるっとお見通せない謎!!】
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
MEMO:WOWOW
2011.5.1 20:00
単独
五つ星評価:★★☆

52★96時間★(フランス)
【父の愛が、パリの街を暴走する。】
96時間
MEMO:WOWOW
2011.5.1 22:05
単独
五つ星評価:★★★☆

53★アバター★(アメリカ)
【観るのではない。そこにいるのだ。
もうひとつの体。もうひとつの運命。】
アバター
MEMO:WOWOW
2011.5.3
単独
五つ星評価:★★★☆

54★ウォール街★(アメリカ)
【巨額の富(マネー)の中に男たちの夢があった。】
ウォール街
MEMO:BS朝日
2011.5.8
単独
五つ星評価:★★★

55★シーサイドモーテル★(日本)
【ダマしてる?ダマされてる?
4つの部屋の4つの事件、無事にチェックアウトできるのは誰!?】
シーサイドモーテル
MEMO:WOWOW
2011.5.8
単独
五つ星評価:★★☆

56★アンソニーのハッピー・モーテル★(アメリカ)
【完璧なる強盗計画。この作戦に間違いはなかったのに…。】
アンソニーのハッピー・モーテル
MEMO:DVD(劇場未公開)
2011.5.10
単独
五つ星評価:★★★

57★目には目、歯には歯★(韓国)
【完全犯罪、緻密な罠、最後に笑う者は誰だ!?】
目には目、歯には歯
MEMO:WOWOW(劇場未公開)
2011.5.17
単独
五つ星評価:★★★☆

58★9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~★(アメリカ)
【目覚めると、世界は終わっていた。】
9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~
MEMO:WOWOW
2011.5.17
単独
五つ星評価:★★☆

59★エルム街の悪夢★(アメリカ)
【ようこそ、新たなる“悪夢”へ】
エルム街の悪夢
MEMO:WOWOW
2011.5.18
単独
五つ星評価:★★

60★あの夏の子供たち★(フランス)
【さよならパリ。父の匂いをこの街に残して、私たちは歩いていく。
幸せだった家族に突然訪れたある悲劇と再出発の物語。】
あの夏の子供たち
MEMO:WOWOW
2011.5.18
単独
五つ星評価:★★☆

61★オーケストラ!★(フランス)
【さあ、人生を奏でよう。】
オーケストラ!
MEMO:WOWOW
2011.5.18
単独
五つ星評価:★★★★

62★パリ20区、僕たちのクラス★(フランス)
【笑って、怒って、ぶつかって生きる。教師フランソワと24人の生徒達。】
パリ20区、僕たちのクラス
MEMO:WOWOW
2011.5.22
単独
五つ星評価:★★★★

63★ある子供★(ベルギー=フランス)
【痛みを知ること、やさしくなること。】
ある子供
MEMO:NHK BSプレミアム
2011.5.23
単独
五つ星評価:★★☆

64★ふしぎの国のアリス★(アメリカ)
【楽しい歌がいっぱい ファンタスティックな冒険がいっぱい!】
ふしぎの国のアリス
MEMO:WOWOW
2011.5.24
単独
五つ星評価:★★★

65★ウルフマン[ディレクターズ・カット版]★(アメリカ)
【今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。
より凶暴に、よりパワフルに生まれ変わった“狼男(ウルフマン)”
哀しき獣の血塗られた運命を描く、壮絶なモンスター・アクション!
これぞ究極の『ウルフマン』!16分長いディレクターズ・カット版】
ウルフマン
MEMO:WOWOW
2011.5.25
単独
五つ星評価:★★★☆

66★おしゃれ泥棒★(アメリカ)
【パリです オードリーです 世界の恋人です 一〇〇万ドルをシックに盗みます!】
おしゃれ泥棒
MEMO:NHK BSプレミアム
2011.5.26
単独
五つ星評価:★★★★

●TV(海外ドラマ)●
★ナース・ジャッキー2★(アメリカ)
【NYの病院で働く型破りな看護師・ジャッキーの日常を描く第2シーズン。】
ナース・ジャッキー2
MEMO:WOWOW(日本語吹替版)
2011.3.12-2011.5.28(全12話)
単独
五つ星評価:★★★☆

●ライブ●
★MAROON 5★
Japan Tour 2011
MEMO:大阪城ホール
2011.5.12 19:00
S席アリーナ8500円
単独
五つ星評価:★★★★★

以上。

’11五月コレクション・リスト。

5月に購入したコレクションたち。

●DVD●
★アンソニーのハッピー・モーテル★
【完璧なる強盗計画。この作戦に間違いはなかったのに…。】
アンソニーのハッピー・モーテル

★ダージリン急行★
【『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の監督が贈る、待望の新作!
収録特典●ショート・フィルム『ホテル・シュヴァリエ』】
ダージリン急行

★ライフ・アクアティック★
【人生は、海だ。広く、深く、そしてショッパイ。】
ライフ・アクアティック
以上。

ゲンズブール、英雄の生命。

ゲンズブールと女たち
『ゲンズブールと女たち』(2010)
●観た理由●
セルジュ・ゲンズブール(1928-1991)の人生に興味があったので。
シャルロット・ゲンズブールの実父の物語だから。
●豆知識●
この作品の監督(兼脚本)であるジョアン・スファール(もともとはバンド・デシネ)の
グラフィックノベルを基に製作されている。
日本公開版(上映時間122分)は、
本国フランス版(130分)より8分間短いRecut Version。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
存命中の人物たちに配慮したのか当たり障りのないように、
サラリと描いているように思えなくもない。
自分がユダヤ人であることと、
容姿に対するコンプレックスが極端に強い人だったのだと感じた。
僕から見れば才能溢れる人物に映っていたけど、
本人にとってはそのせいで自分に自信がなかったのだろう。
“醜男”と表現されていたけど…そうかな?
洒脱な伊達男という雰囲気で色気があると僕は感じたし、
多くの女性が彼に惹かれたという理由が理解できたのだけど。
劇中に実娘であるシャルロット・ゲンズブールの幼き姿が登場するので不思議な感覚に陥る。
もちろん、本人が演じているわけではないが。
セルジュ・ゲンズブール役のエリック・エルモスニーノは演技というより
なりきりぶりが凄いとしか言いようがなく、その姿はもうセルジュ本人にしか見えなかった。
ゲンズブールと女たちゲンズブールと女たち②
ゲンズブールと女たち③ゲンズブールと女たち④
直前に偶然、TVで見た『あの夏の子供たち』に出演していたことも気づいていなかったし、
彼の実年齢が47歳と知って驚いた(もう少し若い世代の男優と思っていたので)。
晩年のセルジュを演じていた時はハビエル・バルデムに似ていると感じたり。
ゲンズブールと女たち⑤
“ゲンズブール”を取り巻く“女たち”の中では、
ブリジット・バルドー役のレティシア・カスタと
ジュリエット・グレコ役のアナ・ムグラリスが印象に残る。
特にアナは出演シーンが僅かながらもその姿は本当にエレガントで美しかった。
代わる代わる登場する“女たち”や物語の展開に関しては余り説明がないので、
事前にある程度の予備知識を頭に入れておいた方が解りやすいかもしれない。
僕は彼についてなんとなく知っていたけど、劇中のブリジット・バルドーの登場辺りで
故ロジェ・ヴァディム監督の人生と混同してしまったり。苦笑
裏を返せば、それくらい本国フランスでは
誰もがセルジュの人生について当たり前のように知っているということなんだろうね。
彼が作った数々の音楽が随所で効果的に使用されていたけど、
僕が聞き覚えのある曲は世間で物議を醸した『Je t'aime... moi non plus』だけだった。
セルジュの子ども時代の少年と“分身”=ラ・グール(面)が
抽象的に頻繁に登場する辺りも印象に残る。
ジョアン・スファール監督自身が描いた冒頭のイラストも、
『ピンク・パンサー』シリーズのオープニングを彷彿とさせるものがあって印象的。
振り返れば、伝記物というよりは自分のアイデンティティーを見つけようと模索していた、
ひとりの男性の物語だったのかもしれない。
●満足度●
★★★☆

該当の記事は見つかりませんでした。